★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ウミガメに会いに行く

チェラティンのとある店のお兄ちゃんが、
「ウミガメが見たい?」
と言うので、
「見たい 見たい」
と言ったら、お兄ちゃんがあるツアーを手配してくれました。
トレンガヌ州とパハン州の州境あたりの海岸です。
ウミガメは、夜に産卵します。
しかも、何時に来るのかはカメの都合次第。
ときには夜中の3時のときも。
私たち、ちょっと運が良かったのか、「カメが来た」の知らせがあったのが、夜10時くらい。
断崖絶壁の岩場を登り降り。
着いた所はその裏にある砂浜。
そりゃそうだ。
海水浴場のようなところには、カメさんは来ないでしょうね。
連れて行ってくれたおじさんたちに不信感を抱きながらも(ちょっと遅れて参加したため、おじさんたちと真っ暗な海を歩くことに)
いましたよ
f0109123_152204.jpg体長約2メートル。
ここ、トレンガヌはウミガメの産卵地として有名なところ。
しかしここ数年、油田開発の影響で数が激減しているとのこと。
トレンガヌでは、ウミガメの保護センターがあり、こうやって、ウミガメが産卵すると、すぐにその卵はセンターに引き取られます。
センターでふ化した後、海に放されるのですが、生き残るのは1000匹に1匹とのことです。
厳しいなあ。
このカメの卵も、さっそくセンターの職員に取られていました。
それを知ってか知らずか、彼女は産卵後、海に帰っていったのでした。
そして私を待っていたのは、帰り道の断崖絶壁でした・・・。
[PR]
by tonpanko | 2007-08-20 01:43 | 文化