★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

インド系のお祭

f0109123_239343.jpg
わが街トレンガヌは、マレー系マレーシア人率90パーセントですが、もちろん中華系マレーシア人もインド系マレーシア人もいます。
マレー系はイスラム教、中華系は仏教、インド系はヒンズー教とそれぞれ宗教が違い、それぞれの寺院ももちろんあります。

この日は中華系のおとなりさんに誘われ、インド系のお祭に出かけてきました。
トレンガヌ唯一のヒンズー教寺院。
普段はひっそりとしていますが、この日は電飾を飾り、きらびやか。
電飾に飾られた山車も出たりして、いつもと違う雰囲気。
集まってきた人も今までどこにいたの?と思うほど、インド系ばかり。
インドの民族衣装サリーやパンジャビースーツを着て、とてもきれい。

寺院の中に入ると、お祈りはもう始まっていました。
サイ★バみたいな頭をした人が、ヒンズー教の神様の像にお祈りを捧げています。
その後、「オームサテー(母なる力よ)」
と言いながら、その神様を山車に乗せ、寺院の周りを練り歩きます。
ところどころお祈りをする場所(ご飯をふるまう場所)があり、そこではたくさんのココナッツを叩き割っていました。

途中から、雨が降り出し、行列の人たちはずぶぬれに。
それでも「オームサテー」と言いながら、歩き続けます。
タイプーサム(身体に針を刺すお祭 2月参照)に比べると、雨なんて大したことないんだろうな。
そんな中、中華系(隣の家族)は、ひたすらご飯をもらい続けていたのでした。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-21 22:55 | 文化