★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

長い間ありがとうございました

この記事をもって『マレーのトモコ』を終了したいと思います。
約2年間、読んでいただきどうもありがとうございました。

青年海外協力隊で活動したかった理由は、一つではなく、もともとあった海外への関心に、教師としての自分、一人の人間としての自分、女性としての自分などなど、いろいろな理由がいいタイミングで重なったのだからだと、活動を終えた今ではそう思います。

訓練所期間を含む2年間、決して楽しいことばかりではありませんでした。
日本で生活し続けていては、気がつかなかったことに気づかされたり、知らないことばかりで驚いたり、困惑したり、混乱したり。
日本人であること、外国人であることを強く実感させられたり。
それでも、海外でボランティア活動を行うという経験は、たくさんの人に出会い、話をし、心に触れ、助けられ・・・私に大きな物を残しました。
人生で大切な物はなにか、人とかかわる上で大切なことはなにか、改めて考えさせれ、再確認しました。

帰国後、日本での生活は慌ただしく過ぎていきます。
私は本当にマレーシアに行ってきたのだろうか?と錯覚を起こすほど、2年前の生活に戻りつつあります。
私の周りでは、先へ先へと物事を進めたがり、みんなせかせかしています。
そうでもしないと目の前の仕事を処理できないという厳しい現実があるのですが。
そういう現実の中、私もその中に紛れなければならないんだなあと実感しています。

だたその中で、忘れてはいけないことが一つだけあります。
これは、マレーシア生活を通して、私の教訓です。
Jangan lupa jiwa "makan dulu,mimum dulu"
(「ご飯が先、お茶が先」の精神、忘れるべからず)
人間、どんなつらいことがあっても、厳しい状態でも、まずご飯でも食べようよ。
おなかがいっぱいになったら、なんとかなるよ。
とでも言いましょうか。
これだけは忘れずに、日本での荒波を乗り越えて行こうと思います。・・・太ったらごめんなさい。

2年間、本当にありがとうございました。
なにか人生に変化があったら、またブログでも書きます。
みなさんもどうか、世知辛い世の中ですが、楽しく過ごせますように。

余談:結局、そこに行き着きました(笑)。→同期隊員のTちゃんへ。
[PR]
by tonpanko | 2008-08-20 21:37