2006年 10月 03日 ( 1 )

ふっきれた?

最近では、あいかわらずフレックスなものの、先生たちはがんばって授業をしています。
プアサにも慣れたのでしょうか・・・。
慣れたといえば、私もなるべく自分の意見はつたない言葉ですが言うようにしています。
こないだ、若い先生(25歳、結構かわいい)と一緒に授業をしていたのですが、フッといなくなったと思ったら、隣の部屋で、ハリラヤ(プアサの終了をお祝いする日)のためのお菓子を作ってました。
あれ・・・?たしかに私はT1(メインの指導)してるけど、あなたも指導者では・・・?
(先生たちは、入るグループが決まっています)
どうやら、ティーム・ティーチングという概念はあまりないようです。
小さい子のグループでしかも人数が多く、実態から、私一人ではまとまりません。
仕方がないので、呼びましたよ。
つたないマレー語で。
「どうしてお菓子を作っているの?授業に入らなきゃいけないよ。どうして私、一人なの?」
もう、日本語でも訳が分かりませんが、どうやら通じたようです。
手を洗って戻ってきてくれました。(くれました?)
なんか、ふっきれたというか、まあ、ゆっくりやろうかな。
あせらず。
逆に、フレックスでもそれなりに、いいところはあるさ。
きっとね。
[PR]
by tonpanko | 2006-10-03 23:23 | 学校