2008年 01月 20日 ( 1 )

CBR研修会

マレーシア派遣の福祉系協力隊員のほとんどはPDKという場所で活動しています。
PDKとはCBR(Community Based Rehabilitation)のマレー語版で、日本語では「地域社会に根ざしたリハビリテーション」と訳します。
マレーシアではご存知の通り、障害をもつ子どもたちのうち、「教育可能な子ども」は学校の特殊学級で学習し、そこに行けない子どもたちは、CBRに通います。
・・・まあ、実を言うとマレーシアのCBRは本来の概念や目的から外れているそうですが。

そのCBRについて学ぶ研修会のため、3日間、KLへ上がりました。
研修では、マレーシアで活躍するソーシャルワーカーの方が講義をしてくれました。
私は学校で活動する隊員なので、CBRについてはよくわからなかったのですが、それを学ぶいい機会になりました。

障害をもつ人たちを地域がどのように支援したらいいのか。
そのためにできることは何か。
するべきことは何か。
地域で生きるとはどういうことか。
などなど…。

それから研修中には、当事者(障害をもっている本人)の方から、自立や自立のための活動について学ぶ機会もありました。

実はちょっと、将来やってみたいことが増えました。
[PR]
by tonpanko | 2008-01-20 18:16 | 活動