★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:学校( 52 )

送別会2 

明日から学校が1週間の休みに入ります。
と、同時に私の学校での活動も終了。
今日は本当の子どもたちとのお別れの日でした。
といいつつも、集会などは開かれず、もちろん全校児童にお別れを言う機会もなく、一日が過ぎました。
今日はうちの学級の子どもも3人のみが登校。
子ども全員にはお別れを言うことができませんでした。

いちばんよく遊んでいたAくん、最後まで手を振ってくれました。
言葉には表さなかったけど、Aくんの微妙な表情が目に焼きついています。
振り返ると、また手を振ってくれました。

その後は先生たちの送別会。
ちなみに昨年度の先生たちの送別会と、私の送別会が同時に開かれました。
そして、G小学校での送別会の噂を聞いた校長が、私に1曲歌えと。
やっぱり、ちょっと、歌いました。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-06 21:00 | 学校

送別会

前活動先のG小学校で、私の送別会を開いてくれました。
いろいろ用事があって、遅れていったにも関わらず、思いも寄らないVIP扱い。
マレーシアのお偉いさんを招くときに必ず行う、きらきらがついた棒・・・(なんて言ったらいいか分かりません)と、マレーシアの楽器コンパン(小さい太鼓)を鳴らして入場。

f0109123_21264161.jpg校長先生のあいさつ、特別支援学級主任のあいさつ、そして私のあいさつ。
もち米で作ったケーキがあり、それを教頭先生、主任、児童の代表が、少し取って私へ食べさせてくれました。
プレゼントもたくさんもらって、学級の児童からの歌のプレゼント。(『蛍の光』マレー語バージョン)
そして私も歌のプレゼント(『未来へ』←キロロ・・・。と『思い出のアルバム』)
『思い出のアルバム』しか思いつかなかったのですが、
♪いーつのーことーだかー
と歌っているときに、選曲を誤った!と思いました。
→泣く数時間前

全校での送別会が終わったあとは、学級での送別会。

f0109123_21284651.jpg送別会が終わり、子どもたちが車まで見送りに来てくれました。
「トモコ先生!」
と、子どもたちがサラーム(手を取り、口付けをするあいさつ)をしてくれました。
活動が始まった日から、当然のように繰り返されてきたサラーム。
いつもいつも当たり前のように、受けていたサラーム。
今日でこのサラームが最後。
いつもと変わらないサラームなのに、どうしてこんなに愛しいんだろう。

見つからないように・・・と思っていましたが、
「ははは、泣いてる」
と、子どもには笑われたのでした。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-04 21:17 | 学校

消防署見学

f0109123_1757018.jpg校外学習があり、地元の消防署を見学しに行ってきました。
校外学習と言っても、なぜかプレスコラ(小学校に入る前の予科みたいなもの)の子どもたちと一緒で、バスに乗って出かけます。
消防署では、お決まりの消防士さんのお話、ビデオ(もちろん、小学生が見てもつまらないだろうなという内容になっています。)、管制室見学、消防車に乗ってみるという、日本とほぼ変わりのないラインナップになっていました。

そして、管制室に入った瞬間、トモコは思いました。
・・・なんだろう、この和やかな雰囲気
緊張感がありませんでした。
日本の消防署の管制室は見たことがないのですが、緊急時以外はこんな感じなんですかね?
最近、マレーシアではいたずらで、かけてくる人が増えているとのこと。
見学のときもいたずらがありました。
いたずら番号は登録されていて、分かるようになっていました。
それでもしっかり出なきゃいけないから、大変です。

子どもたち、いちばん楽しかったのは、もちろん、消防車に乗れたこと。
何人かまとめて、消防車に乗って、敷地内をぐるぐる回ってくれました。
サイレンのサービス付き。
もちろん、私も乗りましたけどね。
[PR]
by tonpanko | 2008-02-25 17:43 | 学校

ネットボール

うちのクラスの先生たちが、ネットボールのクラブ活動の担当ということもあり、ちょくちょく、ネットボールの練習に顔を出していました。

さて、ネットボールとは…。
バスケットボールと似たようなものだけど、ちょっと違って、ドリブルがない(パスのみ)、動く範囲が決まっているなどなど。
女性用バスケットボールとも言われている世界的なスポーツだそうです。
実は最近まで知りませんでした。
マレーシアでは、マレー系の学校でよくネットボールが行われています。
ちなみに中華系ではバスケットボール、インド系はホッケーだそうです。

f0109123_19154338.jpgこの日はトレンガヌ東地区のネットボールの大会。
たくさんの学校が集まっていました。
試合はリーグ戦で、1チーム3試合を最初に行います。
うちの学校の子どもたちも参加。
子どもたち、がんばっていましたが、結局3試合とも負けてしまいました。

というか、試合前の練習で軸足の練習をしている時点から、明らかに練習不足。
練習でも実戦練習は行っていなかったような…。

試合終了後、マレーシアにしてはめずらしく、先生が子どもたちに向かって叫んでいました。
ちょっと、日本の部活動(私の中学生当時)をちょっと思い出しました。
[PR]
by tonpanko | 2008-02-17 19:02 | 学校

運動会

f0109123_22573112.jpgうちの主任・・・(すでに異動)の学校で、運動会があるというので行ってきました。
主任の学校は昨年新しく開校したばかりで、なんと今日が記念すべき第1回運動会!
赴任当初に中華系の運動会を見たことはありますが、マレー系の学校の運動会を見るのは初めて。
…なにしろ、前の学校はスポンサーがいないとかなんとかで、運動会がなかった。

運動会は日本と同じように入場行進から始まりました。
色別に行進します。
各色で名前を決めたり、マスコット(児童が変装する)がいたりと、楽しそう。
児童が並んだのはいいけど、なかなか合図が来ない…。
子どもに「ところで何時に始まるの?」と聞くと「知らない」と返ってきました。
うーん…。

f0109123_22595773.jpgそんなこんなで、入場行進が終わり、競技開始。
徒競争、ピンポン玉競争、長ぐつ競争、袋競争、水入れ競争・・・※正式名が思い出せないのでイメージで。
日本と同じような競技がくり広げられました。
ちょっと違ったのは、走り高跳び競争があったり、保護者競技で、お菓子大食い競争や、みかん早食い競争があったり。
ちゃっかり、保護者競技に出た私ですが。。。
お菓子大食い競争は、制限時間内にチョコレート菓子をひたすら食べる競技。
…日本でもやってみようかな?

ところで、聞いた話によると運動会に出ることができるのは、
選ばれた児童
だということです。そういえば、中華系もそうだった。
全員出れないの???運動会。

ちなみに、マレーシアでは白線ではなく、黒線でした。
[PR]
by tonpanko | 2008-02-16 22:31 | 学校

デング熱

訓練時からデング熱には十分注意するように言われていました。
デング熱は蚊を媒介とする伝染病で、ひどくなると死に至ります。

今日、午前中、1人の5年生の児童がデング熱で入院しているという話を聞きました。
しかも出血性。(出血を伴うとかなり危険です。)
そして、午後、用事があり学校へ行くと、その児童はもう亡くなったとのこと…。
さらに1人の児童が学校へ来て、もうその子は埋葬されたということを教えてくれました。
午後2時半頃に亡くなり、その4時間後のことでした。
たった3時間で埋葬してしまうのは、その子が病気だったからだそうです。
イスラム教徒が土葬であるということももしかしたら大きく関係しているかもしれません。
そんなに早く埋葬してしまうなんて、家族がお別れを言う時間もありません。

マレーシアでは最近、デング熱が流行していて、亡くなる人も多いと聞きます。
それが、こんな身近であったこと、そして、それが学校の児童であることがショックでした。
[PR]
by tonpanko | 2008-02-13 21:00 | 学校

校外学習

今日は学級で校外学習がありました。
行き先は、クリスタルモスク・・・(2回目)。
ここで行われているイベントには学校が招待されているようで、学校ごとに日にちが指定されており、うちの学級も選ばれたようです。

学級は全部で7名。
そのうち、自閉症の子ども、多動な子どもは 休み です。
これって、前の学校でもなにか行事があったときには休みになっていたので、ここではそういうものかもしれません。。。
子どもたちには、いろいろな経験をさせてあげたいのに。
…と思ったのですが、私はいちボランティア、いろいろ限界を感じるので今回は言いたいことは心の中にしまっておきました。
欠席がいたので、児童3名、指導者3名で出発…。

そして、今回はI先生の提案で、途中から観光用のバス(観光用に巡回バスがある)に乗ることになりました。
ちなみに決まったのは昨日。
日本であれば、数日前から交通手段と金額を提出して、よほどのことがない限り、決まった経路で校外学習に行きますが、そんな簡単に変えられるマレーシアって、すごい。
ある意味、融通がきいていいのかも。

f0109123_0502184.jpgところで、肝心のクリスタルモスクには、寄りもしませんでした。
イベントのブースを回って終了。
それでも子どもたちには学校から離れてどこかへ行くというのが楽しかったようです。
それはどこでも一緒なんですね。
トレンガヌ名物のクロポ(魚のすり身を揚げたもの)を食べて帰りました。
[PR]
by tonpanko | 2008-02-05 00:17 | 学校

うわさのトモコ

新しい学校へ赴任して1週間がたちました。
なにしろ、自転車で5分の距離のため、家の近所には学校の子どもたちがうようよしています。
ある団地では、私のことが小学生の間で噂になっている様子。

さてL小学校の特別支援学級(特殊学級)ですが、
児童は7名。
ダウン症、知的障害、自閉症の子どもたちがいます。
学習は、今のところ一斉指導。
1人の先生が、7人を指導しています。
こういう場合、障害が重い子や理解が難しい子は置いてきぼりになる傾向があるのですが、N主任や、もう1人の担任I先生はとても良くやっています。
課題は一緒なのですが、それらの子たちの手を取って、ときどき個別に指導しています。
細かいことを言うといろいろあるのですが、そこは置いておいて…。
特にI先生は日本の指導法について勉強したことがあるようで、
「日本では、この場合どうするの?」と質問し、私の答えを聞いて、「ああ、やっぱり」と納得するようでした。
なんだか、思っていたよりも、意欲のある先生たち。
でもやっぱり、授業は時間通りには始まりませんが、そこをどーんとかまえて見れるようになった私も成長しました。
・・・いいのかな。これで。
f0109123_20303858.jpg
L小学校。街中の学校のため、校庭がありません。
体育の授業は、駐車場の脇のスペース。
この日は、バレーボールが先生たちの車にばしばし当たってました。
★ちなみに後ろの高い建物は学校ではありません。
[PR]
by tonpanko | 2008-01-09 20:32 | 学校

都会と田舎

学校は新学期が始まりましたが学級に新しい先生が来ました。
実はこの先生、首都のクアラルンプールでテレビ関係の仕事をしていたということで、まあ、日本で言うと★ジテレビで働いていたことのある人が、秋田県の教師になったという感じですかね。
その先生、とてもいい人で、障害がある子どもたちの教育にも意欲をもっている様子。
主任のN先生にも、特殊教育について語ります。
「どこどこでは、こういう取り組みをしていた。こんなこともやっていた。うんぬん・・・」
早口のマレー語で話すので、詳しいことは、私にはさっぱり分かりませんでしたが、まあそんなことを話していたと思います。
一通り、話を聞いた後で、N先生。
「ここはトレンガヌだからねえ・・・」
ああ、この言い回し、完全に協力隊員が言われる言葉とかぶってる。
「日本ではこうだよ。こうしているよ。」
と、協力隊員が言うと、かならずと言っていいほど返って来る言葉がこれだ。
たぶん、コレはどこの国でもいっしょなんじゃないかと思うけど。
「日本はそう(発展している)かもしれないけど、ここは違うから(発展してないから)」
これがマレーシアの教師の間でもくり広げられているなんて。
そんなやりとりを、その協力隊員が見守っていた初出勤の出来事でした。
[PR]
by tonpanko | 2008-01-05 19:18 | 学校

新学期

あけましておめでとうございます。
2008年、ねずみ年ですね。
個人的には、平成20年という響きに驚きです。

さて、私の活動も新展開を迎えました。
今度の配属先は、家から自転車で5分ほどのところにあるL小学校の特殊学級。
実は、この学級、ある情報によると、あまり評判がよくないとのこと。
・・・まあ、それだからマレーシアに私たちが投入されて、
レベルアップしようというのが、もくろみなわけですが。
まず、見た目から、何がまずいかというと、教室全体が片付いていない
具体的に言うと、筆記用具があちこちに散乱している、教科書が一つの場所にしまわれていない、教師が授業したであろうまま教材が放置されている。カレンダーが2007年1月のまま。
あそこになぜかペンキが?あれ?ここにも??
・・・など、とにかくどこに何があるのか、さっぱり分からない状態。
先生たちの子どもへの接し方はとてもステキなのですが、どうも授業ができる状態では・・・。というか、この状態で去年すごした先生たちがえらい。
(まあ、案の定、年度初めは先生たちの時間割作りがメインであって、授業はしませんでしたが。)
ということで、今日はなぜか私が一斉清掃。
主任のN先生の許可を得た後は、捨てる、捨てる、どんどん捨てます。
私が一つの物置と化していた棚に本来の役割を思い出させてあげる!!
・・・とまあ、今日はこんな感じでした。
その他にもいろいろ気になるところもあり、短期間といえども、やりがいのある学級だなと思いました。
とりあえず、来週は、帰りの挨拶でも提案してみようかな。
[PR]
by tonpanko | 2008-01-03 18:08 | 学校