★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:生活( 79 )

小旅行

トレンガヌ州は3連休でした。
連休中は、隣の州に遊びに行っていました。
・・・腱鞘炎なのに。
それとこれとは話が別ということでつっこまないでください。
バティック体験、滝、洞窟など、たくさん体験してきました。
詳しくは後日お知らせします。

今日から新年度ですね。
新しい気持ちでがんばろうと思います。
→2度目の仕切りなおし。
[PR]
by tonpanko | 2007-04-01 21:28 | 生活

腱鞘炎?

カヌーのあと、案の定、腕が筋肉痛になった。
・・・と思ったら、どうも違うようだ。
筋肉痛は腫れません。たぶん。
とにかく手を動かすと痛い。
手首が、キキキ・・・ときしんでいる。
ネットで調べたら、どうやら、腱鞘炎の一種で、ドウ・・・なんとかという症状に良く似ている。
しかも右手首。
今日、私の福利厚生担当(勝手に命名)のL先生に、
「骨とか、筋肉とか痛いときの病院って、トレンガヌにある?」
と聞いたら、
「ない」
という、すばらしい言葉が返ってきた。
とりあえず、タイガーバームを塗って、JICA支給の抗生物質(炎症止め)を飲んで、様子を見ます。
原因は、もちろんカヌーでしょう。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-28 23:36 | 生活

楽しいカヌー教室

とある地区で開催された「楽しいカヌー教室」に行ってきました。
f0109123_222368.jpgカヌーを通して、若者の薬物乱用を防止しようというキャンペーンつきでした。
ということで、100人を超える若者たちが参加、食事つき、Tシャツつきと、かなりお金がかかっている企画でした。
日本人は、私と同期隊員のKさんと2人のみ。
やっぱりめずらしいのか、なにかといろいろな場面で、紹介され取り上げられました。
カヌー終了時には、2人で「やったぜ!」という、ポーズまで指定され、写真も撮られました。

さて、肝心のカヌーですが、オールの使い方もさっぱり分からず、やっと1日目が終わる頃に慣れてきた感じ。
自己流だけど、使い方が分かってきた頃には腕が筋肉痛で痛い。
ペアになった男の子(17歳)には、「早くこげー!!もっと強くこげー!」と気合をかけられ、しまいには水もかけられました。
たぶん、ほとんど彼がこいでたような気がします。
移動距離、約30キロメートル。
それでも川の真ん中をカヌーで下るのは気持ちがいいものでした。
f0109123_2234070.jpg
☆発見☆
 ・マレーシアの女子は、ジャージで泳ぐ。
 ・魚が立って川を横断していた。
 ・川のくせに、海水だった。
 ・クラゲがいた。
 ・オカマと一緒に踊った。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-25 22:00 | 生活
今週末は、うちの主任が誘ってくれた、
「たのしいカヌー教室」
に行ってきます。
主任は行くと言っていたのに、行かないらしい。
100人以上が集まり、メディアの取材もあるらしい。
一体、どういう会なんだろう。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-22 19:01 | 生活

キャンプのある生活

f0109123_19184525.jpg
f0109123_19193250.jpg

マレー人家庭のキャンプにおじゃましました。
連れて行かれたのは、やしの木が何本も生えているなんにもない海岸。
さて、写真を見て気づいたことありませんか?
そう、トイレがない。
まあ、そんな場所にテントを張り、海で泳いだり(数年ぶり!)、家族の誕生日祝いをしたり、ご飯を食べたり、家族の一員として、楽しい時間を過ごしました。
さて、おなかもいっぱいになったし、
「トイレに行って来ます。」
なんて開放的なトイレ♪場所は選び放題♪
どの木の陰にしようかな・・・♪
貴重な経験でした。
貴重な経験といえば、翌朝その家族の家でマンディ(水浴び)したのですが、
初野外マンディ&初カイン(布)を巻いてのマンディ(※)
マンディは、ニワトリの親子と一緒に。
 (※)布の上から、とにかくザバザバ水を浴びます。
    マレーシアの田舎では普通。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-14 18:54 | 生活

海がきれいになりました

マレーシア=南国
f0109123_2030595.jpg
海がいつでもきれいなイメージですが、雨季の海は、そうでもありません。
日本海のようでした。
いえ、日本海が悪いとかではなく、参考までに。
でも、今は乾季の始まり。
海も南国らしく、きれいな青に近づいてきました。
暑さのピークは4月、5月頃とか。
・・・今でも結構つらいんですけど、暑さが。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-12 20:26 | 生活
買い物に行こうと、家を出た瞬間・・・なんだかお向かいさんの玄関に動く物が。
「ねこ・・・?」
・・・にしては、動きが変。
よーく見ると、、、あ、あなたは、かねがね先輩隊員からお話をうかがっていた、マレーシアでは当然のように存在するというf0109123_12401931.jpg
びあわ
さんでわないですか!(体長2メートル)
注)びあわ~トカゲの一種らしい。ワニよりは小さい。
そもそもワニとは別種か?

私のことなんて気にせずに、下水溝に入っていきました。
そんなときに限って、カメラ持ってなかったんだよね~。
なので、イメージでこんな感じ。
日本だったら、こんなの住宅街にいたら、大問題だよ。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-03 00:13 | 生活

シンガポール旅行④感想

旅行も終わり、さて、帰るかとマレーシアの入国審査に並んだはいいものの、中国正月が重なったのか、普段からこうなのか・・・?
1時間待ち でした。
気が短い方々は怒り出し、若い女の子は泣き出し、そして叫びだし、そして周りも野次を飛ばし・・・という状況。
私は後ろに並んでいたフィリピン人のおばちゃんが体を密着させて来ることに頭がいっぱい。(スリではなかったけど)

まあ、そんな感じでなんとか帰ってきたのですが、入国審査の対応一つとっても、マレーシア(中進国)とシンガポール(先進国)との違いを感じさせられたのでした。
そして、マレーシアに来てゴミの多さにがっかり。
そして、シンガポールでは日本人女性が街中、あるいはホテルで立ちタバコをする姿を見て、がっかり。

それはどうでも、シンガポールはとても楽しい国。
みなさん、一度はシンガポールへ!
・・・もういちど、シンガポールスリングが飲みたい!
f0109123_2121432.jpg
f0109123_21225264.jpg
[PR]
by tonpanko | 2007-02-19 21:17 | 生活
f0109123_2133897.jpg
私たちが行った時期はちょうど中国正月にあたり、チャイナタウンでは正月用の飾りがたくさん売られていました。
お年玉を入れる袋、ちょうちん、その他たくさん。
日本のお正月と違って、中国のお正月は派手です。
赤を基調にした飾りはとても目を引きます。

ところで、カウントダウンはマーライオンがあるシンガポール川のほとりで迎えました。
友達の友達(シンガポール在住、中華系)と、アジアで一番高い所にあるといわれるバーで知り合った、オーストラリア人夫婦と私たち。
シンガポール川をクルーズしたあと、打ち上げ花火でお祝い。
この花火、結構すごくて大曲の花火を思い出させてくれるほど。
かといって「ハッピーニューイヤー♪☆ワー!」という盛り上がりはなく、花火が終わると静かにみんな帰っていきました。

f0109123_210498.jpgその帰り、ホテルの近くにあるお寺では、なにやらみんな長ーい線香(燃えています)を持って集まっています。
そこでは、新年のお参りが行われていました。
たくさんの人が列をなして集まり、線香を上に掲げている様子は不思議な雰囲気でした。
私たちもついでにお参り。
しかもなぜかヒンズー教の寺院で。
だって、線香があったから。
また新たな1年が始まりました。
[PR]
by tonpanko | 2007-02-16 20:47 | 生活
2日目は、市内観光。f0109123_20424696.jpg
「世界がっかり名所」の一つ「マーライオン」を見に。
・・・たしかに。
前日見たマーライオンNO2は、かなり大きくて、「ほ~」とうなずけるだけあって・・・。
名所と言われるだけあり観光客もたくさん来ていました。
その後は有名なラッフルズホテルへ。
f0109123_2043451.jpgここは、シンガポールスリングというカクテルの発祥の店があり、さっそく行ってきました。
それがまた・・・
♪とってもおいしい♪
少し高かったけど、2杯も飲んじゃいました♪
つまみ?として、ピーナッツが一緒に出てきましたが、ピーナッツの殻をテーブルの下に落とすのが伝統らしく、床の上はピーナッツでいっぱい。
それをなぜかいたハトが食べているのでした。
そして周りを見渡すと、ほとんどが西洋人。
黒い髪の人は私たちくらいしかいないんじゃないか?と思うほど。
あらためて、ここが西洋人のために建てられたホテルだということを実感。

[PR]
by tonpanko | 2007-02-16 20:35 | 生活