★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー

<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

KL→KK

KL(クアラルンプール)から、KK(コタキナバル)まで、飛行機で約2時間。
・・・長い旅でした。
KLドミ(隊員連絡所)を出る時間を間違えたのか、途中ホテル日航のクリスマスツリーの前で写真を撮ったのが悪かったのか・・・、f0109123_11264893.jpg
飛行機に乗り遅れました。
仕方がないので次の便を取り、出発時間まで待機。
・・・が。
その便が今度は5時間の遅れ。
ちなみにこの日は、国内線、国際線数本に遅れが出たらしく、後にニュースで報道されました。
結局着いたのはAM2:00近く。
先が思いやられるスタートでした・・・。
[PR]
by tonpanko | 2006-12-08 11:01 | 生活

行ってきます

明日から10日間の壮大な旅に出ます。
KLでは、A型肝炎・B型肝炎の予防接種、海を越えてKK(コタキナバル)、ラナウ(同期隊員がいます)、
ついでにクチン(サラワク州)という、旅慣れない私にとっては壮大な計画です。
マレー生活、慣れたとはいえ、私は外国人。
危険がいっぱい、すれ違う人はみんな私をねらってる・・・とまでは言いませんが、くれぐれも用心だけはしていきたいと思います。
では、行ってきます。
[PR]
by tonpanko | 2006-12-06 22:05 | 生活

健康診断結果

10月に受けた健康診断の結果が来ました。
なんと!!!
これまでの人生でチェックされたことのない項目にチェックが!
コレステロール!
日本とマレーシアでは検査値の単位が違うので、以前と比べることが難しいのですが、明らかに上昇!
基準値をちょっとはみ出していました。
そして、尿検査でも微量の異常が。
再検査ですね。
明らかに原因はマレーシアでの食生活。
食べる量は変わっていないので、問題はその中身にあると思われます。
恐るべし!マレー料理!
恐るべし!油天国!
恐るべし!砂糖王国!

※ちなみに、マレーシアでは砂糖不足、糖尿病の増加が問題となっています。
[PR]
by tonpanko | 2006-12-05 12:58 | 生活

モンスーンカップ

f0109123_1327876.jpgただ今、わが街クアラトレンガヌでは、モンスーンカップというヨットの大会が行われています。
このモンスーンカップ、世界的なヨットの大会らしいです。
・・・らしいというのは、はっきり言って、ヨットのことなんてちっとも知らないのですが、なんだか大きな大会らしいということです。
★帆に描かれているのは、トレンガヌ州の国旗です。
メイン会場は、クアラトレンガヌの入り江にある島で行われているのですが、近所の湾に面した公園でも雰囲気が楽しめるということで、そちらに行って来ました。
公園には、いろいろな出店があったり、特設ステージや大型スクリーンがあり、大型スクリーンでは試合の様子を生中継していました。
しかし、トレンガヌ人、だれもスクリーンに興味なし。
立ち止まって見ているのは、日本人のみ。
「この中で、試合に興味があるのって、何割くらいなんだろうねー」(トモコ)
「だれも興味ないんじゃ・・・」(K隊員)
近くのポンポン船乗り場からは、ただで試合会場まで行って、試合の様子を近くで見ることができるというサービスもあり、もちろん、行ってきました。
ヨットを近くで見ることができるということで、試合に興味がないトレンガヌ人もたくさん乗っていました。そういうのは好きなようです。私もですが。
夜には花火が上がり、盛り上がりました。
[PR]
by tonpanko | 2006-12-02 13:26 | 生活

時間の流れ

今日は同僚のいとこが婚約をするということで、お誘いを受け、同期隊員のK隊員と一緒に行ってきました。
9時にどこそこということで、バスに乗って待ち合わせの場所へ。
同僚が迎えに来れなくなったとかで、その家の人が迎えにに来ることになり、30分待って、家へ向かいました。
(もう、30分~1時間待つのは平気になりました)
着くと、台所では料理を作っている最中、婚約する本人もまだ余裕でおしゃべりをしています。
どうやらまだ始まらないらしい。
すでに1時間経過。
あれ?ところで何時から始まるんだろう?
えっ?3時から?
今、だってまだ10:30・・・
・・・?なぜ彼女は9時に、と言ったんだろう?一緒に準備をしてほしいということ?
まあ、家族とゆっくり話もできるし、
婚約式の準備も見れるし、まあいいか。
ということで、ご飯をたべつつ、ガチョウをさばく様子を見つつ、
(かわいそうだったが、おいしかった。)
3時まで待ち、婚約式に参加。でもそれも、いつの間にか始まって、いつの間にか終わっていたのでした。

こんな時間の流れ、日本では経験できないだろうなあ。
[PR]
by tonpanko | 2006-12-01 20:36 | 生活