<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

腱鞘炎?

カヌーのあと、案の定、腕が筋肉痛になった。
・・・と思ったら、どうも違うようだ。
筋肉痛は腫れません。たぶん。
とにかく手を動かすと痛い。
手首が、キキキ・・・ときしんでいる。
ネットで調べたら、どうやら、腱鞘炎の一種で、ドウ・・・なんとかという症状に良く似ている。
しかも右手首。
今日、私の福利厚生担当(勝手に命名)のL先生に、
「骨とか、筋肉とか痛いときの病院って、トレンガヌにある?」
と聞いたら、
「ない」
という、すばらしい言葉が返ってきた。
とりあえず、タイガーバームを塗って、JICA支給の抗生物質(炎症止め)を飲んで、様子を見ます。
原因は、もちろんカヌーでしょう。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-28 23:36 | 生活

楽しいカヌー教室

とある地区で開催された「楽しいカヌー教室」に行ってきました。
f0109123_222368.jpgカヌーを通して、若者の薬物乱用を防止しようというキャンペーンつきでした。
ということで、100人を超える若者たちが参加、食事つき、Tシャツつきと、かなりお金がかかっている企画でした。
日本人は、私と同期隊員のKさんと2人のみ。
やっぱりめずらしいのか、なにかといろいろな場面で、紹介され取り上げられました。
カヌー終了時には、2人で「やったぜ!」という、ポーズまで指定され、写真も撮られました。

さて、肝心のカヌーですが、オールの使い方もさっぱり分からず、やっと1日目が終わる頃に慣れてきた感じ。
自己流だけど、使い方が分かってきた頃には腕が筋肉痛で痛い。
ペアになった男の子(17歳)には、「早くこげー!!もっと強くこげー!」と気合をかけられ、しまいには水もかけられました。
たぶん、ほとんど彼がこいでたような気がします。
移動距離、約30キロメートル。
それでも川の真ん中をカヌーで下るのは気持ちがいいものでした。
f0109123_2234070.jpg
☆発見☆
 ・マレーシアの女子は、ジャージで泳ぐ。
 ・魚が立って川を横断していた。
 ・川のくせに、海水だった。
 ・クラゲがいた。
 ・オカマと一緒に踊った。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-25 22:00 | 生活
今週末は、うちの主任が誘ってくれた、
「たのしいカヌー教室」
に行ってきます。
主任は行くと言っていたのに、行かないらしい。
100人以上が集まり、メディアの取材もあるらしい。
一体、どういう会なんだろう。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-22 19:01 | 生活

これがいいらしい

f0109123_2044494.jpg
今日、学校である子どもの体にじんましんができた。
あ~、いかにもかゆそう。
すると先生たち、おもむろに他の子を呼び、なんと、髪の毛で体をなでろと言う。
????
と、まあ、男の子たち、髪が短いので写真のような格好になるわけですが、
なぜ?髪の毛?
そんなんでなでたら、ますますかゆさ倍増、発疹倍増な気がするんですけど。
ある先生に聞くと。
「知らない。でも、昔からマレー人はそうするのよ。」
という答えが返ってきた。
え?その科学的な根拠は?? で、なんで髪の毛?
数分後、しっかりじんましんは引いてました。
だれか私に、納得のいくように説明してください。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-20 20:55 | 文化

Hari JOCV 2

同期隊員の企画『Hari JOCV 2』が、トレンガヌにある国立重度心身障害者施設(日本でいうとこんな訳)で行われました。
今回は、身体あそび、紙相撲をはじめ、島根県の子どもたちが先輩隊員に託した、島根県の子どもたちと、マレーシアの子どもたちの共同作品のコラージュ製作を行いました。
内容的には十分すぎるのですが、今回はなんだか様子が変。
まず、利用者が落ち着かなかった。
その理由の一つが、施設側の職員が一人のみ。JOCV 3人。
JOCVは会を進めているため、利用者に対しても十分な対応ができず、唯一の職員も写真撮影に忙しい様子。
完全に利用者の対応も、会もJOCV(ボランティア)にまかせっきりの状態。
職員がJOCVの活動を参考にして、これからの自分たちの活動を充実させるという意味で、職員が参加して、JOCVの活動を見なければ意味がないということを伝えなければ、と会終了後、反省したのでした。

※JOCV(協力隊員)
[PR]
by tonpanko | 2007-03-15 23:30 | 活動

キャンプのある生活

f0109123_19184525.jpg
f0109123_19193250.jpg

マレー人家庭のキャンプにおじゃましました。
連れて行かれたのは、やしの木が何本も生えているなんにもない海岸。
さて、写真を見て気づいたことありませんか?
そう、トイレがない。
まあ、そんな場所にテントを張り、海で泳いだり(数年ぶり!)、家族の誕生日祝いをしたり、ご飯を食べたり、家族の一員として、楽しい時間を過ごしました。
さて、おなかもいっぱいになったし、
「トイレに行って来ます。」
なんて開放的なトイレ♪場所は選び放題♪
どの木の陰にしようかな・・・♪
貴重な経験でした。
貴重な経験といえば、翌朝その家族の家でマンディ(水浴び)したのですが、
初野外マンディ&初カイン(布)を巻いてのマンディ(※)
マンディは、ニワトリの親子と一緒に。
 (※)布の上から、とにかくザバザバ水を浴びます。
    マレーシアの田舎では普通。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-14 18:54 | 生活

海がきれいになりました

マレーシア=南国
f0109123_2030595.jpg
海がいつでもきれいなイメージですが、雨季の海は、そうでもありません。
日本海のようでした。
いえ、日本海が悪いとかではなく、参考までに。
でも、今は乾季の始まり。
海も南国らしく、きれいな青に近づいてきました。
暑さのピークは4月、5月頃とか。
・・・今でも結構つらいんですけど、暑さが。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-12 20:26 | 生活

校長定年退職

f0109123_1691962.jpgということで、学校では校長の退職のお祝いがありました。
ちなみに、定年退職は、57歳
ちょっと、中途半端な年齢?
講堂では保護者の前で式が行われており、子どもたちは自由参加。
式が終わると、マレーシアで結婚式などに鳴らされる太鼓(コンバン)の演奏と共に、校長が講堂から登場、子どもたちが作った花道とともに、会食の場所へ向かいます。
その会場、わがクラスKKBP。
朝から先生たちはその準備で大忙し。
低学年の子達はお休み。
(自由参加なので、来るなら保護者と一緒に。)
他の子は適当に遊んでいました。
そして花道が終わると、子どもたちは一斉にご飯をもらいに走り出しました。
そのご飯、もちろん牛肉。
マレーシアはでは、お祝いがあるごとに牛が犠牲になります。
残念ながら牛は昨日の夜には殺されていました。
最後は、太鼓と子どもたちが教室の前にずらっと並び、その間を校長が通り、一人一人に挨拶をして、
最後はベンツに乗って退場。
校長が子どもたちの間を通り、挨拶をする姿はとてもいい光景でした。
日本でも、退職および離任式でもやりましょうよ~。(提案)
[PR]
by tonpanko | 2007-03-08 15:51 | 学校

校長、退職

3月で、うちの学校の校長が定年退職します。
明日は、学校全体で退職のお祝いをするそうです。
で、
今日は、教職員との退職祝いの会。
始めに、お祈りがあり、会主催者からの挨拶、教頭の挨拶、PTA会長からの挨拶、そして校長の挨拶と続き、またお祈りがあり、やっと会食。
先生たちはビュッフェ形式の食事を取って、食べて、いつの間にか解散。
日本のように、お酒を注ぎに、先生たちが校長に挨拶しに集まるという光景はなし。
そう考えると日本のそんな様子はマレーシアの人たちから見ると、不思議なんだろうなあと冷静に分析してしまいました。
明日は、学校で牛が殺されます。
もちろん、食べます。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-07 00:55 | 学校
買い物に行こうと、家を出た瞬間・・・なんだかお向かいさんの玄関に動く物が。
「ねこ・・・?」
・・・にしては、動きが変。
よーく見ると、、、あ、あなたは、かねがね先輩隊員からお話をうかがっていた、マレーシアでは当然のように存在するというf0109123_12401931.jpg
びあわ
さんでわないですか!(体長2メートル)
注)びあわ~トカゲの一種らしい。ワニよりは小さい。
そもそもワニとは別種か?

私のことなんて気にせずに、下水溝に入っていきました。
そんなときに限って、カメラ持ってなかったんだよね~。
なので、イメージでこんな感じ。
日本だったら、こんなの住宅街にいたら、大問題だよ。
[PR]
by tonpanko | 2007-03-03 00:13 | 生活