★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

25日から、同期隊員(18-1)が、わが街トレンガヌにやってきました。
+
新隊員(18-3)も赴任。

みんなで、アイラブトレンガヌツアーに出かけていました。
詳細は後ほどUPします。
いや~ 濃い日々でした。
ブログだいぶお休みしていましたが、元気です。
ダイエットは明日からします。
[PR]
by tonpanko | 2007-04-29 00:25 | 生活

Sayang トレンガヌツアー

f0109123_22421236.jpg
25日~30日まで、タイに派遣されている隊員仲間がトレンガヌにやってきました。
おもてなしが大好きな、在マレーシア隊員。
23日に赴任した新隊員も引き連れて、トレンガヌ観光とあいなりました。
勝手に名づけるとすれば、
サヤーン トレンガヌ
     →「アイラブ・・・」は英語なので却下します。
で、
1日目>トレンガヌ市内観光(市場、チャイナタウン)
2日目>カパス島でシュノーケリング
3日目>トレンガヌ市内観光
     (トレンガヌ州立博物館、ホワイトモスク)
4日目>学校見学(トモコ活動先)
☆写真は、ホワイトモスクにて。

とまあ、こんな感じで。
夜は、もちろん特別会議。
お互い現職教員、学校派遣ということで、たまりにたまっていた愚痴などなどを語り合ったのでございました。
[PR]
by tonpanko | 2007-04-26 22:37 | 生活

暑さも最高潮!!!

いやあ、毎日毎日
くそ暑い
ですね。
女の子がこんな言葉を使ってはいけないのですが、本当に暑いんです。
現在室温33℃。たぶん外はもっと暑い。
今日なんて、子どもに向かって、
「毎日毎日、なんでマレーシアは暑いんだろうね~!!」
と、文句。
「知らないよ」
と、子ども。
朝方涼しいのですが、最近夜が熱帯夜。
さらに午前1時過ぎになると、決まって下にいる犬が遠吠える。
寝れません。
[PR]
by tonpanko | 2007-04-24 17:11 | 生活

載りました

何かと日本人ということで、実は行く先々でメディアの取材を受けることが多い、トレンガヌ州協力隊員。←ボツも多い。
さて、今日は学校の先生からの1本の電話。
「州知事と、トレンガヌ出身の歌手が来るんだけど・・・」
州知事はともかく、トレンガヌ出身の歌手が見たい。
彼はマレーシアではまあまあ有名。
実は先の学校のペナン島旅行でも見ている。
トレンガヌ隊員を誘い、ちょっと遠かったけどバスに乗ってお出かけ。
着いたら・・・
どうも、政党のキャンペーンみたいなイベントでした。
まあそれはともかく、入り口でプレゼントをもらい、
中に入っている「なんとか地区情報」というパンフレットを開いたところ・・・、
f0109123_21175173.jpg
「楽しいカヌー教室」の記事が・・・。
そして、ページの一番最後に、
いました。
「一人の日本人参加者が、州知事(のような人)から記念品をもらいました」の写真。
実はやけくその笑顔。
そのときの私は、全身ずぶぬれだし、暑いし、足はビーチサンダルだし・・・

これからも、日本人であるということを誇りに、笑顔をふりまいていきたいと思います。
[PR]
by tonpanko | 2007-04-20 21:13 | 生活

デンギ熱

さっきからブーンブーンとうるさいな・・・
と思っていたら、デンギ熱が発生した場所で行われるという蚊駆除の散布でした。
しかもずいぶん前からまかれていて、広い範囲への散布のようです。
しかも私が見たところ、家の周り(玄関前と裏)は2回散布。
そういえば、つい1ヶ月前にも散布されていました。(ちなみに前回は1回)
定期的に行われているものならいいけど、今回はずいぶん気合が入っているような気が。
デンギ・・・近所で発生したのかな???
そういえばさっき、足がシマシマの蚊に刺されたばかりなんですけど・・・。
蚊が駆除されるのはいいのですが、換気性抜群のマレーシアの窓。
煙が家の前後から部屋の中に入ってきて、それはもう大変。
☆"ルサン焚いたようになってしまいましたとさ。
[PR]
by tonpanko | 2007-04-16 20:33 | 生活

べちゃ

f0109123_014795.jpg
マレーシア(トレンガヌ)で、避けたいもの。
 1. 夜、一人でタクシーに乗ること
 2.ベチャ(トライショー)

ベチャとは、タンデムシートの自転車版?
さすがに近代化の波に押され、若い運転手はトレンガヌでも見たことがない。
運転手は見た感じ50歳代後半~60代…と思われるおじさんたち。
中には「おじいさん」という人も。
いや、ほとんど「おじいさん」なんじゃないかな?
だから、あまり乗りたくなかった。
若者が乗って、おじいさんがこいでいる図
なんだか申し訳ないというかごめんなさいという思いが強くて。
ところが。。。
最近、床に敷くビニールシートを購入。
家へ持って帰るにはタクシーか・・・と思っていたところ、店の人が呼んでくれたのは、まさしく、ベチャ
ついにこの日が来たか・・・ということで、乗りました。
幸いなこと(?)に、おじいさんではなく、おじさんでした。
乗り心地、確かに車よりはだいぶゆっくりだけど快適。
周りの景色を見ながらゆっくり乗ることができました。
このおじさん、すでに20年以上はこの仕事をしているとのこと。
料金は「Bagi lah~(直訳:与えてくれ~)」ということで5リンギを渡す。
(後から聞いたら破格だったらしい)
そしてちょっと考える。
おじさんたちの生活のためにも、これからも機会があったら使わせていただきます。
[PR]
by tonpanko | 2007-04-15 00:09 | 生活

誕生会

突然の予定変更があり、主任が「あした」「あした」と言って延び延びになっていた誕生会が行われました。
私の本来のねらい→「子どもたちが中心となって行う」
とは、だいぶかけ離れていましたが、まあ、そのうちの一つが実現されたからいいか。
その一つとは、「子どもたちの手作りカード」
日本では、本当に当たり前のことなんだけど。
表紙の「Selamat Hari Jadi」(お誕生日おめでとう)を作るグループ、折り紙を折るグループ、背景の模様を作るグループ・・・。と、カードの中身を分担して作成しました。
作っている途中でも、誰に渡すのか、自分に渡されるのか、子どもたちの期待度は高め。
(ちなみに、事前授業なんてものをやっている時間はありませんでした。いや、そもそもそういう考えがあるかどうか・・・)
f0109123_2129656.jpgさて、当日ですが用意された誕生日ケーキは、その日の人数分、大小合わせて12個!
さすが主任。
やることが違います。
(1月、2月、3月、4月合同←このまとまりからも、企画自体が延び延びになっていたことが分かりますね・・・。)
そして、一人一人名前を呼び、歌を歌って、ケーキカット。
そのときに、誕生日カードも渡されました。

f0109123_21293149.jpgもちろん、渡したのは子どもたち。
カードを渡したい子、受け取ってニコニコ笑っている子、照れくさそうにしている子などなど。
こんな子どもたちの表情、ぜひ先生たち、受け止めてほしい。
いや、受け止めてくれているはず。
次回は、子どもたちの出番をもう少し増やしたいなあ。。。
・・・いつできるかわからないけど。
[PR]
by tonpanko | 2007-04-11 21:26 | 学校

ここで生きるために

マレーシアで生きていくために必要な力

 1 突然の変更や、出来事に対応するための、柔軟性
 2 突然の変更や、出来事に対応するための、処理能力
 3 突然の変更や、出来事に対応するための、即興力

※一部、日本語がおかしいと思われる部分もあるかと思いますが、大体意味をつかんでいただければ、幸いです。

急な偉い人の訪問で、予定が 狂う なんてことは、マレーシアでは日常茶飯事。
しかも、うちの主任に知らされたのも今朝の話。

わたし、帰ったら、すごい力がついてるかも・・・。
(遠い目をしているイメージで)

 
[PR]
by tonpanko | 2007-04-08 20:54

誕生日祝い

トレンガヌ隊員の一人がまもなく誕生日のため、みんなでちょっとしたお祝いをしました。
ある隊員の知り合いのつてで、技術大学?で開いているレストランに行ってきました。
ここは学生の実習を兼ねているレストランで、作っているのも学生、ウエイター、ウエイトレスも学生という所でした。
この日の料理は、ビッフェ形式のウエスタン(西洋料理)。
ウエスタンに慣れている日本人にとっては、とてもおいしい料理ばかり。
ちなみに、「ババロア」がいちばんおいしかった。
しかし、マレー人の先生は、
「・・・そうか?」という顔をしていました。
厳しいね。
さて、そのイベントの一つとして、私が用意したのは、f0109123_14261079.jpg
マレーシアのケーキ
ピンク、オレンジ、黄色、黄緑もあったけど、今回は水色で。
スポンジはコーヒー味。まあまあおいしい。
だけど、クリームが・・・。
・・・絵の具?
[PR]
by tonpanko | 2007-04-05 14:14 | 文化

小旅行報告

f0109123_172567.jpg
わが州、トレンガヌ州から南へ・・・☆キロ、パハン州に行ってきました。
目指せ!全州制覇!・・・とまではいきませんが、初めて訪れる州でした。
パハン州の州都、クアンタンには知り合いの日本人の方(Aさん)がいて、その方におんぶに抱っこで、いろいろな所に連れて行ってもらいました。
滝、洞窟、バティック体験など。※バティック~ろうけつ染め

f0109123_1723964.jpg
特にバティックは、私がマレーシアに来てやりたいと思ったことの一つ。
絵柄はすでに描かれてあったので、そこに色付けをするという簡単なもの。
しかし、布に色を付けるということで、これがまた難しい。
ロウが薄いところは、すぐに色がにじんでしまう。
まあ、またそれがいい味を出してたりするのですが。

Aさんのおかげで、本当にいろんな人に会いました。
マレーシアにセカンドホームプログラムで来ている夫婦の方(Aさんもそうですが)、日本から地元の石油会社に派遣されている方の奥様と子どもさん、マレー人と結婚した日本人の方、協力隊員・・・。
いろんな人のつながりが、つながって、つながって、私のところにやってきました。
そう考えると、人のつながりって本当にすごい。
※セカンドホームプログラム~退職後の第2の人生をマレーシアで過ごそうというもの

そして、そのうち、バティック染めを学べるかもしれない。
いやあ~、とっても楽しみ。
帰国後、作業学習で作って売り出そうなんて・・・
考えていま・・・
[PR]
by tonpanko | 2007-04-02 16:43 | 生活