<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

スナロビ

f0109123_1904857.jpgf0109123_1911453.jpg






マレーシアでは、通称「スナロビ」という、いわゆるエアロビクスが流行っています。
このスナロビ、確かにエアロビなんだけど、エアロビとは手足の動かし方がちょっと違う。
マレーシアの民族舞踊の動きを取り入れたり、ちょっとコメディアンっぽい動きだったり。
動画を見せられないのが残念。
あまり、跳んだり跳ねたりせず、動きはあっても上下左右程度。
しかし1時間以上も同じ動きをしていると、もう汗びっしょり。
この日は知り合いの地域でスナロビを毎週行っているということで、隊員みんなで行ってみました。
やっぱりめずらしい日本人。
マイクで紹介された上、スナロビが始まるとインストラクターとともに壇上に立つことに。
意外と難しい動きもあり、私の足は壇上でしどろもどろ。
(↑日本語変ですが、気にしないでください)
そして、ちょっとひそかにVCD(DVDみたいなもの)でも買って、一人スナロビをしてやせてやろようとほくそ笑むトモコでした。
[PR]
by tonpanko | 2007-06-29 19:01 | 文化

壁面

f0109123_203304.jpgたいていのマレーシアの学校には壁画が描かれています。
たいていは、教科ごとの絵。
例えば、アルファベットとかアラビア語、数字などなど。
日本にもあるけど、色とりどりであちこちに描かれているのはちょっと不思議。
うちの学級、建物が新しくなったので壁画を描くことになりました。
その作業、夜の8時から。
スキャナーが届くまで30分ほど待ち、(なぜなら持っている先生が来ない・・・)それからそのスキャナーをパソコンに認識させるところから始まります。
そして、絵を取り込み、プロジェクターで壁に映し、それを鉛筆で写し取る。
と、今日はここまで。
「みんなが集まって作業をするんだから、絵はとりこんでおいてください!!」
と、先生たちの要領の悪さにイライラした私ですが、
出来上がりが楽しみです。
[PR]
by tonpanko | 2007-06-28 20:10 | 学校

1年たちました

マレーシアに来て、この日で1年!
よっ!
★祝1周年★
多少の病気やトラブルはあったけど、まあ命に関わるできごともなく、無事に1年です。
さて、私の場合「現職教員派遣制度」というものを使ってきているため、普通の協力隊員の活動期間が2年のところ、私は1年9ヶ月。
ということは、あと9ヶ月。
来年の3月には日本に帰ります。
1年経ってのこれからの抱負ですか~??
↑だれも聞いていない。
「帰るときまで健康第一、安全第一。いつでもどこでもマカンドゥル」
☆マカンドゥル・・・「ご飯が先」「まずはご飯」
・・・日本に帰ってやっていけるだろうか???
[PR]
by tonpanko | 2007-06-27 21:00 | 活動

時間割

日本のように、何時から何時まで授業があって、それにきっちり沿って授業を行う・・・という姿はあまりみられなかったうちの学級。
始業時間も適当(・・・に見える)なら、1時間の授業時間も適当(・・・に見える)。
英語を2時間もやっているというありさま。
クアラトレンガヌ(はっきり言って田舎)で、障害児学級ならなおさら。
うちの学級にいたっては、先生自身が、
「雰囲気で授業をするんだよ。あはは」(あはは・・・とは言ってないですが)
と、自信をもって言ってしまう始末。
しかも、それをこれまで入った隊員みんなが口をそろえていっているので、時間割どおりでないのはうちの学級だけではないということはたしか。
そんなうちの学級。
ところが。
今日学校に行ったらなぜか、
「今日は時間割どおりで行こう!」
と、先生たちが話している!
実はこれまでは教師が足りなかったから、時間割どおりではなかったらしい。
(いや、教科はともかく、始まりと終わりの時間は決まったとおりにできるだろ。という突っ込みはおいといて。)
「時間割どおりにできるか試してみよう」
ということで、今日は1時間の時間をしっかり守って授業をしていた先生たちでした。
なんだ、やればできるんじゃん。
これまではなんだったんだ~!!!!
なにがあったんだ~!!!
続いてくれることを切にお祈り申し上げます。
[PR]
by tonpanko | 2007-06-25 21:27 | 学校

KLの日本食事情

無事にKL(クアラルンプール 首都)での会議を終え、わが街クアラトレンガヌへ戻ってきました。
3泊4日のKL滞在では、思いもかけず日本食を食べる機会がありました。
ちなみに、KLでは中華はもちろん、イタリア料理からアラブ料理、メキシコ料理、そして日本食と、たいていの料理を食べることができます。
なんて都会!
わが街クアラトレンガヌでは、日本食なんてものは皆無なので、食べようと思ったらKLか、バスで3時間下った東海岸最大の街に行くしかありません。
ということで、ひさびさの日本料理♪
普段、豚肉は・・・実は食べている(中華料理屋で)のですが、やっぱり日本仕様で食べたい!!f0109123_2293196.jpg
そして、日本人なら定食もの!
で、
ロースとんかつ定食
ムスリム(イスラム教徒)な学校の先生たちには絶対紹介できない・・・。
そして、日本人なら、
テンプラ定食
f0109123_22125683.jpgあ、「テンプラ」は外国人的な発音でお願いしますね。
シェフは日本人ではなかったようなので。
どちらもおいしくいただきました。
ちなみに、すき焼き定食、刺身定食、すし定食もあり。
[PR]
by tonpanko | 2007-06-24 22:13 | 生活

休みになりました

明日から、首都に上がります。
健康診断とセミナーと隊員会議と。
イスラム教の歌の大会に加え、明日私がいないからなのか?
うちの学級、
学級閉鎖
になりました。
理由はやっぱり「教師がいないから」
うーん・・・。
教育を受ける権利ってどこに?
学級を閉鎖してまで、その大会に教師が必要なの??

と毒づいたところで・・・行ってきます。
健康診断、コレステロールが心配・・・。
(前回は標準範囲をちょっと超えたあたり。あれから大して体重も減らないし、食生活もあまり改善していない・・・)
[PR]
by tonpanko | 2007-06-19 22:25 | 学校

トップダウンな世界

来週、イスラム教の歌の大会(特殊教育部門)が、わが州トレンガヌ州であるそうで、うちの主任がその担当に。
マレーシア全州から集まるということで、大きな大会になりそうです。
で、その参加者へのプレゼント(1500個)を用意するために、昨日私も準備会場に向かったわけですが、今日は学校へ。
朝、学校へ行くと、その準備のために、7人いる教師のうち6人(主任を含む)がその準備に借り出されることに。
もちろん、子どもたちはいつもどおり登校です。
教師が足りないのは明らか。
そして、私は「先生」と呼ばれはするが、日本人ボランティア。
残ったのは、そのボランティアと、いつもコンピュータ室に引きこもっている先生一人。
ちなみに昨日は学校には3人残っていたのでなんとかなっていた。
子どもを見ているだけなら2人でもOK。
見ているだけならね。
ただ、子どもたちが学校へ行くという意味を考えると、ものすごく不本意。
子どもよりも教師の仕事(この場合、教育することではない)が優先。
ある先生に、なぜそういう配分なの?
せめて一人学校に残して!と言うと、
「主任がそう言ったからね・・・。行くしかないのよ。」
・・・そうでした。
ここはトップダウンの国。
上司が言った事は絶対なのです。
たとえ、その判断が間違っていたり、理不尽なことであっても。
[PR]
by tonpanko | 2007-06-17 00:34 | 学校

福祉隊員分科会 di Kudat

f0109123_21333162.jpgマレーシアに派遣されている協力隊員のうち、福祉分野に関係する隊員(養護、ソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士)が集まり、日々の活動について話し合う会議が、年2回開催されます。
その今年度第1回目が、マレーシアボルネオ半島の東海岸、クダットという街で行われました。
クダットは、ルングス族という民族が多く住んでいるところで、市場にはルングス族が作ったきれいなビーズアクセサリーなどが、たくさん売られていました。
f0109123_21363086.jpgさて、福祉分科会では、各隊員の活動報告、KJ法を使った課題のまとめ、課題へのディスカッションなどが行われました。
各隊員の活動報告では、隊員の活動に「へえ~」「ほう~」とうなずくばかり。
みなさん、本当によくがんばってます。
障害をもつ人たちに関わる立場はそれぞれで、「発達」を教育的立場からみたときと、医療的立場からみたときの考え方の違いなどなど、ディスカッションを通して、学校教育にかかわる者とはまた違った視点から障害や発達について考えることができました。
ところでマレーシアでは、CBRという地域で障害をもつ子どもの療育を行おうという組織がいくつもあります。
福祉隊員のほとんどは、そこで活動をしています。
福祉分科会の合間に、そのCBRの見学に行きました。
・・・・!
はっきりいって、マレーシアの障害児教育(特別支援教育)、
学校よりもCBRの方がすばらしい活動をしています!!!
☆同じぬり絵をするにしても、課題を個別で分けている。
↑これが学校ではできていないのです・・・。
ちょっと、学校に派遣されている協力隊員としては、まずい状況になりました。
うーーーーん
この福祉分科会、CBRの見学、自分の活動についてふりかえり、なんとかしなければ、
とモチベーションを上げることができたよい機会になりました。
[PR]
by tonpanko | 2007-06-15 20:58 | 活動

寝てました

えーっと・・・
最近というか、今朝まで2日くらい寝てました。
というか、
寝込んでいました
熱も最高記録に到達し、ちょっとやばい状況に。
日本だったら、即病院行きという体温。
しかもそれに加え、今週末にある福祉隊員分科会の資料も作らなければいけないし・・・。
それが気になって眠れず。
不思議なもので、人間そんな状況に慣れてくると、なんでもなくなってくるもの。
熱があるにもかかわらず、体がそれに適応してくれるのですね。(本当ですか?看護師さん?)
パワーポイントの資料も完成させ、今朝起きると、あら、回復。
爽快な目覚め。
・・・というわけで、今は元気です。
原因は?
疲れか、首都のエアコン生活か、あるいはパハンからの帰りのバスで、後ろに座っていた子どもが私の耳元で、くしゃみをしてたから、それかな?
健康第一です。
本当に。
[PR]
by tonpanko | 2007-06-06 23:13 | 生活

チニレイク

f0109123_1373570.jpg
実は今、マレーシアの学校は、2週間のお休みです。
その間を利用して、マレーシア東海岸パハン州にある、チニレイクというところに行ってきました。
ここ、チニレイクはハスが有名。
今回は時期が早かったのか、ハスの葉の広がりはあまり見られなかったのですが、きれいなハスの花を見ることができました。
マレー半島の原住民の生活を見ることができる場所では、あこがれの吹き矢に挑戦。
意外に難しく、フッ・・・!と勢いよく吹かないと、へなちょこ矢になってしまいます。
f0109123_1361743.jpg
本当は吹き矢が欲しかったのですが、帰国時、イミグレーションで引っかかったら困るので、ここではパチンコ(台ではない)を購入。←これも危険?
チニレイクには、なぞの生物も住んでいるとのこと。
ネス湖のネッシーなら、チニ湖のチッシー?(発音しにくい)
ボートは、森の中を走ります。
水面に空がきれいに映るほど静かな水面。
そしてその上をすべるトンボたち。
とにもかくにも、自然を満喫。
[PR]
by tonpanko | 2007-06-03 01:46 | 生活