<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

隊員総会

10月30日、31日と、マレーシア協力隊員が一同に集まる隊員総会が行われました。
普段はなかなか会えないボルネオ島在住の隊員にも会うことができました。
今回はシニアボランティア(40歳以上の隊員)も参加し、世代を超えた交流ができました。
隊員総会では、任地ごとの自己紹介、協力隊員、シニア隊員の活動報告、任地紹介などが行われました。
また養護、環境教育、食品加工、組織培養などさまざまな職種の隊員がいるので、それぞれの分野を生かすことができるアクティビティを考えるというワークショップも行われました。
自分の職種とは違った視点から見ることで、いろいろな考えを知り、視野が広がった2日間でした。
それにしても、エアコンがきつく、みんな厚着。
だれか、マレーシアにクールビズの考えを持ち込んでください。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-30 20:45 | 活動

隊員機関紙完成

KLに来ています。
マレーシア青年海外協力隊には、それぞれ委員会というものがあり、私は隊員機関紙の係です。
この隊員機関紙は、協力隊員がマレーシアで活動するにあたり、経験したこと、感じたことを残し、隊員活動の記録および・・・・・・・・思い出作りってことです。
数ヶ月前から原稿集め、そして隊員総会にあわせて発行です。
機関紙メンバーは全部で4人。
経験も歳もみんな違う。
みんなで、ああでもない、こうでもない、あ、それいいねえなど、意見の食い違いはあっても、みんないいものを完成させようという気持ちは同じ。
できましたよ~。
これから隊員みんなに配ります。
みんなの反応がとっても楽しみ。
本当に、みなさんおつかれさまでした。
そしてありがとう。
☆ご覧になりたい方は、私の帰国後に。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-30 19:37 | 活動

KLへ

来週は、年に1度の隊員総会があります。
これは、マレーシアの協力隊員が集まって、活動を報告したり、親睦を深める会。
また、普段は離れている同期隊員ともひさしぶりに顔を合わせられる機会でもあります。
私の同期のひとりは、サバ州在住。
ひさしぶりに会えるのがとても楽しみ。

そして、年に1度発行される隊員機関紙の発行日でもあります。
今年は私が担当。
編集委員が集めた原稿を持ち寄り、一つの冊子に仕上げます。
みんなが集まるまで、どんな感じに仕上がるのかさっぱり検討がつきません。
Bolehかな~? Tak boleh かな~?
※内輪ネタですみません。

では、行ってきます。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-26 17:58 | 活動

子どもに人気の日本の歌

担当している音楽の授業。
マレーシアでは音楽に関する教育があまりされていないようで、先生たちも音楽に関してはあまり知識を持っていないようです。
もちろん、小学校では音楽はあります。
でもどうやら机上での学習のよう・・・。
歌や伝統舞踊などは積極的に指導されているようです。

これまで見たうちの学級の授業も、1時間いっぱい歌詞を写して歌うだけとか、そんな感じ。
そこで、音楽の授業の構成を提案してきました。
授業の始めに、みんなの名前を歌やリズムに合わせて呼んだり、歌を歌うと言っても、ただ歌うのではなく、役割を決めて歌うとか、手を打ち合わせて歌うとかのバリエーションをもたせたり。

さて、私が提案してきたものの一つ、
「日本の歌マレーシア語バージョン」 ←今、名づけました。
日本の歌をマレーシア語に訳して歌うというものなのですが。
これまで訳してきた数曲の中から

人気の曲 ベスト3
1 『アイアイ』 ♪アイアイ、アイアイ、おさるさんだよ~
2 『いっぽんばし』 ♪いっぽんばし こちょこちょ
3 『かえるの歌』  ♪かえるの歌が~


子どもたちが何気に口ずさんでくれるのを見ると、作詞(訳)冥利に尽きるってもんです。
うふふ。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-25 17:34 | 学校

目撃者

最近は、家の近くにうちのクラスの先生が住んでいるので、ときどき家まで車で送ってもらっています。
運転手はその先生の弟さんで、先生と弟さんのトレンガヌ弁丸出しの会話を、
「さっぱり分からん。」
と思いながらぼーっとしていたときでした。
横から
バキバキバキ・・・
とすごい音が。
何かと思って見てみると、バイクと自動車の接触事故
バイクの運転手は投げ出され、転がり、あぶなく弟さんの車にひかれるところでした。(ちなみに3車線)
どうやら、バイクと並んで走っていた車が、急に車線変更をしたようでした。
バイクの運転手は足を骨折したと言っていましたが、なんとか生きていました。
ちなみに接触したその車、逃走しちゃいました。
そして弟さん、バイクの運転手を後部座席(私の隣)に乗せ、病院へと連れて行きました。
病院への通り道が私の家の近くなので、私は途中で降りましたが・・・。
それにしても、びっくりした。
目の前で事故が起きるとは。
私も気をつけなければ・・・。
最近、道ですべって転んじゃったし。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-24 16:27 | 生活

日本から手紙が来たよ

f0109123_1675528.jpg
日本の養護学校から手紙が来ました。
送り主は東京都のとある養護学校。
担任の先生が元トレンガヌの協力隊員ということもあり、お互いに交流ができたらということで始まりました。

担任の先生からは、メールで日本の授業風景や子どもたちの様子など伝えていただいていました。
中学部の国語・数学グループの子どもたちだそうです。

さて、うちの学校の子どもたち。
私が子どもの実態を考えて選んだのが、Bグループ(10歳~12歳)の子どもたち。
さっそく、地図でマレーシアの位置と日本の位置を確認。
さ、日本はどこでしょうという質問に、「ここ」と指さしたのがオーストラリア・・・。
そんなこんなでお互いの国を確認し、送られてきたプロフィールをみんなで見ました。
もちろん日本語は分からないので、一つ一つ私がマレーシア語で通訳。
子どもたちの関心は高くて、私が一人一人の名前を紹介すると、みんな一斉にぼそぼそと復唱する、
さ、自由に見てみようとプロフィールを渡すと取り合いになる。

身近に外国人(もちろん私)がいるということで、日本から手紙が来たということは子どもたちに受け入れられやすかったようです。

こちらもお返事にと、プロフィールを作成中です。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-22 15:52 | 学校

インド系のお祭

f0109123_239343.jpg
わが街トレンガヌは、マレー系マレーシア人率90パーセントですが、もちろん中華系マレーシア人もインド系マレーシア人もいます。
マレー系はイスラム教、中華系は仏教、インド系はヒンズー教とそれぞれ宗教が違い、それぞれの寺院ももちろんあります。

この日は中華系のおとなりさんに誘われ、インド系のお祭に出かけてきました。
トレンガヌ唯一のヒンズー教寺院。
普段はひっそりとしていますが、この日は電飾を飾り、きらびやか。
電飾に飾られた山車も出たりして、いつもと違う雰囲気。
集まってきた人も今までどこにいたの?と思うほど、インド系ばかり。
インドの民族衣装サリーやパンジャビースーツを着て、とてもきれい。

寺院の中に入ると、お祈りはもう始まっていました。
サイ★バみたいな頭をした人が、ヒンズー教の神様の像にお祈りを捧げています。
その後、「オームサテー(母なる力よ)」
と言いながら、その神様を山車に乗せ、寺院の周りを練り歩きます。
ところどころお祈りをする場所(ご飯をふるまう場所)があり、そこではたくさんのココナッツを叩き割っていました。

途中から、雨が降り出し、行列の人たちはずぶぬれに。
それでも「オームサテー」と言いながら、歩き続けます。
タイプーサム(身体に針を刺すお祭 2月参照)に比べると、雨なんて大したことないんだろうな。
そんな中、中華系(隣の家族)は、ひたすらご飯をもらい続けていたのでした。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-21 22:55 | 文化

雨です

昨日の夜からすごい雨。
そして今日一日、しとしと雨。
マレーシアはそろそろ雨季。
もう、雨季に入っちゃったのかな~。
雨季に入ると、ある地域では洪水。
夜も、日本の秋のように寒い。
ちなみに、今、トレーナーを着て、靴下も履いています。
足が冷えますから。
歳のせいもあったりして。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-20 20:13 | 生活

ハリラヤオープンハウス

前日からオープンハウスの準備をするために、知り合いのタクシーの運転手さん(Rさん)の車で主任の家に向かいます。
が、急きょRさんの家に行くことになり、それからその知り合いのYさんの家に行くことになり、それからその地域のハリラヤのイベントに行くことになり。
(↑これを私たちはハリラヤ道中引きずりまわしの刑と呼ぶ)
となんだかんだで着いたのが夜の10時過ぎ。
すでに、料理作りは始まっていました。

f0109123_17345736.jpg
←ココナッツミルクをかき混ぜています。
本当にココナッツを削るところから作ります。

うちの主任、そして主任のお母さん、お姉さん、その子ども・・・家族親戚総出でオープンハウスの準備をします。
私たち(トレンガヌ隊員女子3名)はさすがに料理はできないので、食べ物を切ったり、会場の準備をしたりとできることを手伝いました。
それにしても大量のご飯、大量のおかず、この準備は朝まで続きました。
ごめんなさい、私たちは先に寝させてもらいました。
↑それでも午前3時過ぎ。
f0109123_17353467.jpg
さて、当日のオープンハウス。
私たちもバジュ(マレーシアの民族衣装)に着替えて、お客様にごあいさつ。
訪問客に、「スラマットハリラヤ~」と挨拶をします。
ちなみに、女性は女性に、手をお互いに挟むようにしてそれから胸に手を当てるという挨拶。
それから、子どもたちと一緒に遊んだり、食べ終わったお皿を洗ったりして過ごしました。
主任の親戚、旦那さんの親戚、お友達、職場の人たち・・・本当にたくさんの人たちがやってきました。
去年は招かれるだけだったけど、今年は前の日からその準備も見ることができて(実は女手が欲しかったのではないかという話も・・・)
本当に貴重な体験をしました。
あとは、おみやげにと渡された料理をひたすら食べるのみ。
f0109123_1736352.jpg
主任の子どもたちと。
(実はまだ2人男の子がいる・・・)

[PR]
by tonpanko | 2007-10-15 17:12 | 文化

Selamat Hari Raya

Selamat Hari Raya!

断食があけました。
マレーシアのムスリムの皆さん、世界中のムスリムのみなさん、おめでとうございます。
★ムスリム・・・イスラム教徒
断食明けのお祭は、離れて暮らしている家族が実家に集まり、子どもはお金をもらい、友人や親戚を家に招きます。
まるで、日本のお正月みたい。
私たち、協力隊員も各配属先の同僚の家や、カウンターパートの家、友達の家を訪問します。
そして私はこれから主任の家へ向かいます。
明日、主任の家ではオープンハウスといって、たくさんのお客さんを食事に招くという行事があるのです。
今日は、なぜか協力隊員が泊り込みで主任のお手伝い。
ついでに、マレー料理でも教えてもらってきます。
[PR]
by tonpanko | 2007-10-14 17:27 | 文化