★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

都会と田舎

学校は新学期が始まりましたが学級に新しい先生が来ました。
実はこの先生、首都のクアラルンプールでテレビ関係の仕事をしていたということで、まあ、日本で言うと★ジテレビで働いていたことのある人が、秋田県の教師になったという感じですかね。
その先生、とてもいい人で、障害がある子どもたちの教育にも意欲をもっている様子。
主任のN先生にも、特殊教育について語ります。
「どこどこでは、こういう取り組みをしていた。こんなこともやっていた。うんぬん・・・」
早口のマレー語で話すので、詳しいことは、私にはさっぱり分かりませんでしたが、まあそんなことを話していたと思います。
一通り、話を聞いた後で、N先生。
「ここはトレンガヌだからねえ・・・」
ああ、この言い回し、完全に協力隊員が言われる言葉とかぶってる。
「日本ではこうだよ。こうしているよ。」
と、協力隊員が言うと、かならずと言っていいほど返って来る言葉がこれだ。
たぶん、コレはどこの国でもいっしょなんじゃないかと思うけど。
「日本はそう(発展している)かもしれないけど、ここは違うから(発展してないから)」
これがマレーシアの教師の間でもくり広げられているなんて。
そんなやりとりを、その協力隊員が見守っていた初出勤の出来事でした。
[PR]
by tonpanko | 2008-01-05 19:18 | 学校

新学期

あけましておめでとうございます。
2008年、ねずみ年ですね。
個人的には、平成20年という響きに驚きです。

さて、私の活動も新展開を迎えました。
今度の配属先は、家から自転車で5分ほどのところにあるL小学校の特殊学級。
実は、この学級、ある情報によると、あまり評判がよくないとのこと。
・・・まあ、それだからマレーシアに私たちが投入されて、
レベルアップしようというのが、もくろみなわけですが。
まず、見た目から、何がまずいかというと、教室全体が片付いていない
具体的に言うと、筆記用具があちこちに散乱している、教科書が一つの場所にしまわれていない、教師が授業したであろうまま教材が放置されている。カレンダーが2007年1月のまま。
あそこになぜかペンキが?あれ?ここにも??
・・・など、とにかくどこに何があるのか、さっぱり分からない状態。
先生たちの子どもへの接し方はとてもステキなのですが、どうも授業ができる状態では・・・。というか、この状態で去年すごした先生たちがえらい。
(まあ、案の定、年度初めは先生たちの時間割作りがメインであって、授業はしませんでしたが。)
ということで、今日はなぜか私が一斉清掃。
主任のN先生の許可を得た後は、捨てる、捨てる、どんどん捨てます。
私が一つの物置と化していた棚に本来の役割を思い出させてあげる!!
・・・とまあ、今日はこんな感じでした。
その他にもいろいろ気になるところもあり、短期間といえども、やりがいのある学級だなと思いました。
とりあえず、来週は、帰りの挨拶でも提案してみようかな。
[PR]
by tonpanko | 2008-01-03 18:08 | 学校