★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

3月26日吉日
羽田空港から故郷の空港へ到着しました。
飛行機のアナウンスで、「到着地の気温は4℃」と聞き、「寒っ!」と独り言を言ったことはさておき、空港には両親と、そしてサプライズなお迎えが。

何店か新しい店ができたり、なくなったりしてはいましたが、地元は特に変わらず。
3月のまだ雪が残り、それでもなんだか春の匂いがするいつもの風景でした。
その数日後、派遣中に生まれた甥っ子と初対面。
予想はしていましたが、「なんだ?こいつは?」という視線を送られ続けました。
地元の友達とも会いました。
待ち合わせで、「じゃ、○時にどこどこね」と言われても、そのどこどこが分からない・・・。
2年間のブランクは結構大きかったのでした。

☆学校編に続く

ところで、帰ってからは、2年間を埋めるかのように、毎日納豆巻を食べています。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-26 15:11 | 帰国後
21日、ついに帰国しました。
空港では、トレンガヌ在住隊員や他の隊員に見送られ、涙、涙のお別れをしてきました。
↑涙は見せなかったけど、本当はこそっと泣いていたのよ。

さて、日本に着いた瞬間、いきなりの驚き。
電車を並んで待っている。←すばらしい!日本。しかも降りる人が降りるまで待ってる!
帰国後5日、早くも日本で驚きを隠せない私。
では、そのラインナップを・・・。
ほんの一例ですが。マレーシアとの比較付。

<驚いたこと>
・夜、出歩いてもからかわれない。(日中でも必ず「アリガトウ」「アジノモト」「ヒュー」とからかわれる)※感動したのもつかの間、トルコ人にナンパされる・・・。
・レストランでお冷が出てくる。しかも長居すると換えてくれる。(そんなものない)
・水道から水が飲める。(一度煮沸しないと、お腹をこわす)
・仕事が速い(一度に一つの仕事しかしない)
・子どもが少ない。休日の電車の中も大人だらけ(夜中、休日かかわらず子どもだらけ)
・すきやき最高。あんなあっさりした味付けはこの世にない。(こてこて)
・コンビニの品物の多さ。

<やってしまった・・・>
・タクシーを手で閉める。(マレーシアでは客が手で閉めます)
・思わず、メーターが動いているか確認。
 (トレンガヌにはメータタクシーがない。KLはあってもつけない)
・人ごみをかき分けるとき「ソーリー」と言ってしまう。
・健康診断、看護師さんの話が早くてついていくのに一苦労。
・ついつい、人の話に聞き耳を立ててしまう。
・物が落ちたら「ジャトー(マレー語で「落とした」「落ちた」の意味」)、体をぶつけたら「アドウ(マレー語で「痛い」の意味)」と言ってしまう。

f0109123_22305333.jpgと、まあいろいろありましたが、東京の桜を見て、「ああ、日本に帰ってきたんだなあ・・・」
と、感動の涙を流した私でした。
4月からは、いよいよ現場復帰。
日本の荒波にのまれます。

※そして帰国・・・<故郷編>に続く。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-25 22:21 | 帰国後

あす帰国

いよいよ、帰国が明日になりました。
1年9ヶ月の任務が終了します。
クアラルンプールの空港に降り立ち、「ここは、先進国ではないですよね?」と思った日から、もう1年9ヶ月、あっという間でした。
任地ではいろいろな人と会い、いろいろな思いをし、いろいろな出来事がありました。
それらすべてが私の心の中で成長し、また新しい私を作っていきました。
日本のみなさんには、りにゅーあるしたトモコでお会いできると思います。
…ただ、10時のお茶の時間と、なによりもご飯が先、という精神が加わったことをお知らせしておきます。

明日の夜には日本です。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-20 13:31 | 生活

首都到着

いよいよ、首都のクアラルンプールに着いてしまいました。
明日から各省庁の訪問が始まります。

トレンガヌからの出発は、うちの主任家族、中華系の友達、日本人のお友達のあーちゃん家族、福祉局の方(教育局じゃないのがミソ)、トレンガヌ協力隊員のみんなが見送ってくれました。
お別れは、涙、涙・・・ではありませんでしたが、お世話になった人たち、大好きな人たちの見送りはとてもうれしかったです。
搭乗口で、姿が見えなくなるまで見送ってくれました。
本当にありがとうございます・・・。

と。。。飛行機に乗り込み、飛行機が動き出し、トレンガヌから見える東海岸の海、見慣れた景色が目に見えたとき、この1年8ヶ月、過ごしたこのトレンガヌや人々がとてもなつかしく思い出され、一人、うるうる・・・。

そして、離陸準備に入った瞬間、
よし、またがんばろうと決心したのでした。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-16 19:58 | 生活

トレンガヌ最後の夜

明日はいよいよ帰国のため、首都のクアラルンプールへ移動します。
今夜は1年8ヶ月過ごしたトレンガヌ最後の夜。
いつも食べに行っていた中華料理やさんとカフェで最後の食事をしてきました。
中華料理屋さんは隊員が住むアパートの近くにあり、なにかとそこに集まってはご飯を食べていました。
中華料理やさん→カフェというパターンがいつもですが、今夜もやはりそのパターンで。
歴代隊員が、その中華料理屋さんで店員さんと写真を撮ってトレンガヌを離れたように、私も写真を撮ってお別れとありがとうを言ってきました。
見送る立場から、いつの間にか見送られる立場へ。
時の流れは本当に早いです。
・・・歳も取るはずです。
また、いつの日か、世界一の酢豚と、アイスカチャン(かき氷・特大)を食べに行きます。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-14 01:22 | 生活

スモールライト~

って、発明されたら絶対特許なのに・・・
と、出国前の記事に書いたのですが、帰国時の今も、そう思います。。。

というのも、出国時の機内預け入れ荷物の制限40キロ。
帰国時の機内預け入れ荷物の制限20キロ。
この20キロの差は大きいぞ!!!
ただ今、スーツケースを総量20キロにすべく、がんばっております。
とにかく、KL滞在時、東京滞在時に使わないものは全て送ることにしました。
問題は、東京滞在時、そして帰宅時に必要な、防寒着。
そんなに多くはありませんが、これがなければ、少しは手荷物を減らせる。。。
まさか、Tシャツとサンダルで帰るわけにはいかないだろうし…。
3月の秋田を甘く見てはいけません。

ああ。。。荷物もさながら、活動報告のプレゼンテーションもできていない・・・。
かんばれ。トモコ・・・・。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-14 00:01 | 生活

選挙投票日

いよいよ、マレーシア下院総選挙投票日です。
↑ニュースで見ましたが、下院の選挙だったようです・・・。
当日は、事務所から連絡があり、投票所や、集会所など微妙な場所への出入りは避けるようにというお達しがありました。

当日テレビを見ると、トレンガヌでは、KLから来たバスが襲われていたり、石を投げている場面があったりと、どうも穏やかにはいかなかったようです。
さて結果ですが、今政権をとっている与党が過半数を占めたものの、安定数には届かず、ある州では、野党が政権を奪回したりと、波乱な結果だったそうです。
わがトレンガヌ州では、与党が続投することになりました。

ちなみに、運動会の万国旗のように掲げられていた選挙の旗は、1週間以内に撤去しなければいけなく、しなかった場合は罰金を取られるそうです。
ちょっと、思い出に何枚かほしいなあと思いましたが、日本に帰れなくなったら嫌なので我慢しておきます。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-08 13:47 | 文化

送別会2 

明日から学校が1週間の休みに入ります。
と、同時に私の学校での活動も終了。
今日は本当の子どもたちとのお別れの日でした。
といいつつも、集会などは開かれず、もちろん全校児童にお別れを言う機会もなく、一日が過ぎました。
今日はうちの学級の子どもも3人のみが登校。
子ども全員にはお別れを言うことができませんでした。

いちばんよく遊んでいたAくん、最後まで手を振ってくれました。
言葉には表さなかったけど、Aくんの微妙な表情が目に焼きついています。
振り返ると、また手を振ってくれました。

その後は先生たちの送別会。
ちなみに昨年度の先生たちの送別会と、私の送別会が同時に開かれました。
そして、G小学校での送別会の噂を聞いた校長が、私に1曲歌えと。
やっぱり、ちょっと、歌いました。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-06 21:00 | 学校

送別会

前活動先のG小学校で、私の送別会を開いてくれました。
いろいろ用事があって、遅れていったにも関わらず、思いも寄らないVIP扱い。
マレーシアのお偉いさんを招くときに必ず行う、きらきらがついた棒・・・(なんて言ったらいいか分かりません)と、マレーシアの楽器コンパン(小さい太鼓)を鳴らして入場。

f0109123_21264161.jpg校長先生のあいさつ、特別支援学級主任のあいさつ、そして私のあいさつ。
もち米で作ったケーキがあり、それを教頭先生、主任、児童の代表が、少し取って私へ食べさせてくれました。
プレゼントもたくさんもらって、学級の児童からの歌のプレゼント。(『蛍の光』マレー語バージョン)
そして私も歌のプレゼント(『未来へ』←キロロ・・・。と『思い出のアルバム』)
『思い出のアルバム』しか思いつかなかったのですが、
♪いーつのーことーだかー
と歌っているときに、選曲を誤った!と思いました。
→泣く数時間前

全校での送別会が終わったあとは、学級での送別会。

f0109123_21284651.jpg送別会が終わり、子どもたちが車まで見送りに来てくれました。
「トモコ先生!」
と、子どもたちがサラーム(手を取り、口付けをするあいさつ)をしてくれました。
活動が始まった日から、当然のように繰り返されてきたサラーム。
いつもいつも当たり前のように、受けていたサラーム。
今日でこのサラームが最後。
いつもと変わらないサラームなのに、どうしてこんなに愛しいんだろう。

見つからないように・・・と思っていましたが、
「ははは、泣いてる」
と、子どもには笑われたのでした。
[PR]
by tonpanko | 2008-03-04 21:17 | 学校

投票方法

いよいよ8日に選挙をひかえ、あいかわらず運動会の万国旗のように各党の旗がひらめいております。
選挙活動も大詰め。
昨日はたまたま通りかかったところに、首相が来ているというのでちょっと寄ったら、なんと首相が本当にいました。
日本でも首相にはなかなか会えないというのに、ラッキーでした。

ところで、マレーシアの投票方法ですが、日本では候補者や政党の欄に「○(マル)」をつけますが、マレーシアでは、
f0109123_2030541.gif
こんな風に欄に「×(バツ)」を書きます。
(ちなみにドリアン党の場合。)
・・・日本人的には、ちょっと戸惑うのですが。

マレーシアでも党の代表者が街頭演説をしています。
ただし、ご飯をふるまって人を集めるという、やっぱりマレーシアっぽい方法でした。
敵対する党を振り落とす作戦もちらほら。
街中のポスターには、
「さようならドリアン党」
などというものも!
[PR]
by tonpanko | 2008-03-02 20:26 | 文化