★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ネットボール

うちのクラスの先生たちが、ネットボールのクラブ活動の担当ということもあり、ちょくちょく、ネットボールの練習に顔を出していました。

さて、ネットボールとは…。
バスケットボールと似たようなものだけど、ちょっと違って、ドリブルがない(パスのみ)、動く範囲が決まっているなどなど。
女性用バスケットボールとも言われている世界的なスポーツだそうです。
実は最近まで知りませんでした。
マレーシアでは、マレー系の学校でよくネットボールが行われています。
ちなみに中華系ではバスケットボール、インド系はホッケーだそうです。

f0109123_19154338.jpgこの日はトレンガヌ東地区のネットボールの大会。
たくさんの学校が集まっていました。
試合はリーグ戦で、1チーム3試合を最初に行います。
うちの学校の子どもたちも参加。
子どもたち、がんばっていましたが、結局3試合とも負けてしまいました。

というか、試合前の練習で軸足の練習をしている時点から、明らかに練習不足。
練習でも実戦練習は行っていなかったような…。

試合終了後、マレーシアにしてはめずらしく、先生が子どもたちに向かって叫んでいました。
ちょっと、日本の部活動(私の中学生当時)をちょっと思い出しました。
[PR]
# by tonpanko | 2008-02-17 19:02 | 学校

運動会

f0109123_22573112.jpgうちの主任・・・(すでに異動)の学校で、運動会があるというので行ってきました。
主任の学校は昨年新しく開校したばかりで、なんと今日が記念すべき第1回運動会!
赴任当初に中華系の運動会を見たことはありますが、マレー系の学校の運動会を見るのは初めて。
…なにしろ、前の学校はスポンサーがいないとかなんとかで、運動会がなかった。

運動会は日本と同じように入場行進から始まりました。
色別に行進します。
各色で名前を決めたり、マスコット(児童が変装する)がいたりと、楽しそう。
児童が並んだのはいいけど、なかなか合図が来ない…。
子どもに「ところで何時に始まるの?」と聞くと「知らない」と返ってきました。
うーん…。

f0109123_22595773.jpgそんなこんなで、入場行進が終わり、競技開始。
徒競争、ピンポン玉競争、長ぐつ競争、袋競争、水入れ競争・・・※正式名が思い出せないのでイメージで。
日本と同じような競技がくり広げられました。
ちょっと違ったのは、走り高跳び競争があったり、保護者競技で、お菓子大食い競争や、みかん早食い競争があったり。
ちゃっかり、保護者競技に出た私ですが。。。
お菓子大食い競争は、制限時間内にチョコレート菓子をひたすら食べる競技。
…日本でもやってみようかな?

ところで、聞いた話によると運動会に出ることができるのは、
選ばれた児童
だということです。そういえば、中華系もそうだった。
全員出れないの???運動会。

ちなみに、マレーシアでは白線ではなく、黒線でした。
[PR]
# by tonpanko | 2008-02-16 22:31 | 学校

デング熱

訓練時からデング熱には十分注意するように言われていました。
デング熱は蚊を媒介とする伝染病で、ひどくなると死に至ります。

今日、午前中、1人の5年生の児童がデング熱で入院しているという話を聞きました。
しかも出血性。(出血を伴うとかなり危険です。)
そして、午後、用事があり学校へ行くと、その児童はもう亡くなったとのこと…。
さらに1人の児童が学校へ来て、もうその子は埋葬されたということを教えてくれました。
午後2時半頃に亡くなり、その4時間後のことでした。
たった3時間で埋葬してしまうのは、その子が病気だったからだそうです。
イスラム教徒が土葬であるということももしかしたら大きく関係しているかもしれません。
そんなに早く埋葬してしまうなんて、家族がお別れを言う時間もありません。

マレーシアでは最近、デング熱が流行していて、亡くなる人も多いと聞きます。
それが、こんな身近であったこと、そして、それが学校の児童であることがショックでした。
[PR]
# by tonpanko | 2008-02-13 21:00 | 学校

同期集合しました

f0109123_16263492.jpg中国正月の休みを利用して、サバ州に住んでいる同期が、わが街トレンガヌにやってきました。
彼女とは3ヶ月ぶりの再会。そしてトレンガヌは初めて。
約5日間でしたが、本当に盛りだくさんの休日でした。
同じく訓練所に入り、同じくマレーシア語を学び、同じくマレーシアに来て、私を含む2人はトレンガヌ州(マレー半島東海岸)へ、彼女はサバ州(ボルネオ島)へ。

それまでは何かと会う機会はあったのですが、サバ州にはない食べ物に驚く姿をみたり、現地の人と話す言葉を聞いてたりして、改めて実感。
お互いがお互いの土地で、それぞれの文化を当たり前のように思って生活していました。
たとえば、お店に行き、彼女が当然のように頼む物に対して(もちろんトレンガヌにはない)、お店の人と、私とで「え?なにそれ?」という感じで…。
また、それもおもしろい。

それにしても、同期2人がマレーシア人化し、現地の人にさえ日本人であることを疑われるようになったのに対して、私はあいかわらず一目で日本人だと分かるというのも、ちょっと悔しいような…。
[PR]
# by tonpanko | 2008-02-11 16:03 | 生活

中国正月

f0109123_22285855.jpg7日~8日は中国正月です。(日本で言うと旧正月)
お隣さん家族に誘われ、中華街にカウントダウンをしに行ってきました。
いつもは閑散としている中華街のお寺ですが、この日は長い長い線香がたくさん焚かれていて、にぎやかでした。


中華街に着くと、さっそく紅包(アンパオ)というお年玉を配っていたので、人ごみにまぎれてしっかりもらってきました。
ちなみに紅包は、子どもの他に、独身の大人ももらえます。

f0109123_22294633.jpgそして、特設ステージにはトレンガヌのお偉いさんが登場。
集まってきた人たちと一緒に、カウントダウンをします。
(もちろん中国語)
新年と同時に、お寺の横では、獅子が踊りだし(ライオンダンス)、お寺に入っていきます。
その後は、ライオンダンスの余興。芸を披露しました。
実はこのライオンダンス、2人一組で踊ります。
ライオンの中で、肩車をしたり、飛んだり跳ねたりと、息を合わせるのが難しそうです。
中に入っていたのは、トレンガヌの中華系の中等学校の生徒たちでした。

そんな感じのにぎやかなカウントダウンでしたが、ふと、お寺の横を見ると、見たところ裕福ではなさそうな人たちが座っていて、紅包を受け取っていました。
お寺にお参りに来ている人たちは、これをどんな風に見ているのでしょう・・・。

Gong Xi Fa Cai
コン シー ファー チャイ(あけましておめでとう)
[PR]
# by tonpanko | 2008-02-06 21:49 | 文化

校外学習

今日は学級で校外学習がありました。
行き先は、クリスタルモスク・・・(2回目)。
ここで行われているイベントには学校が招待されているようで、学校ごとに日にちが指定されており、うちの学級も選ばれたようです。

学級は全部で7名。
そのうち、自閉症の子ども、多動な子どもは 休み です。
これって、前の学校でもなにか行事があったときには休みになっていたので、ここではそういうものかもしれません。。。
子どもたちには、いろいろな経験をさせてあげたいのに。
…と思ったのですが、私はいちボランティア、いろいろ限界を感じるので今回は言いたいことは心の中にしまっておきました。
欠席がいたので、児童3名、指導者3名で出発…。

そして、今回はI先生の提案で、途中から観光用のバス(観光用に巡回バスがある)に乗ることになりました。
ちなみに決まったのは昨日。
日本であれば、数日前から交通手段と金額を提出して、よほどのことがない限り、決まった経路で校外学習に行きますが、そんな簡単に変えられるマレーシアって、すごい。
ある意味、融通がきいていいのかも。

f0109123_0502184.jpgところで、肝心のクリスタルモスクには、寄りもしませんでした。
イベントのブースを回って終了。
それでも子どもたちには学校から離れてどこかへ行くというのが楽しかったようです。
それはどこでも一緒なんですね。
トレンガヌ名物のクロポ(魚のすり身を揚げたもの)を食べて帰りました。
[PR]
# by tonpanko | 2008-02-05 00:17 | 学校

クリスタルモスク

f0109123_1712058.jpgトレンガヌの新しい観光名所
クリスタルモスク
が、オープンするというので、行ってきました。
(・・・実際にはまだオープンしていなかった。)
テレビ局のイベントもそこで行われており、たくさんの人で賑わっていました。
モスクまでは、近くのジェッティから無料ボートが出ていて、10分くらいで着きます。無料なだけにすごい人だかり。
そして、モスクは、さすがクリスタルモスクだけあって、壁がきらきら光り、とてもキレイでした。
でも、本当のモスクなので、イスラム教徒じゃない私は入れないのです・・・。

f0109123_17133897.jpgそして、今日は会場にマレーシア初の宇宙飛行士が来ていました。
超ミーハーな私たちは一目見ようと人だかりの中へ。
すると、いた、いた、宇宙飛行士ムスザファーさん。
カメラを片手にミーハー根性丸出しで写真撮影。
…すると、スタッフがやってきて、どうやら特別に宇宙飛行士さんと写真を撮らせてくれるそう。
やったー!!

ということで、外国人特別待遇で写真を撮らせてもらいました。
マレーシア大好き!

るんるんでジェッティーに戻ると、あいかわらずボートを待つすごい人。
そして、降りようとする私の前に1人のおじさんがブロック。
片足は陸についているけど、もう片方の足を置く場所がない。
そうしている間に船は出ようとする。
あれー!!!
コメディみたいになって、笑われてしまいました。
マレーシア、だいす・・・
[PR]
# by tonpanko | 2008-02-02 17:13 | 生活

おかゆ?

年1回、1月に行われるイスラム教の行事があります。
「Bubur Asyura(ブブール アシュラ)」
と言われる行事で、Buburとは、「お粥」の意味です。
うちの主任が勤めている学校で行うというので、行ってきました。

f0109123_1751130.jpg前の晩から先生たちは大忙し。
米をバケツに入れて、給水させるのを初めて見ました。
当日は、火を焚き、大きな鍋で米を煮てお粥を作ります。
それに、鶏肉、牛肉、魚、豆、トウモロコシ、ショウガ、各種香辛料を入れていきます。
…この材料からしても、日本のお粥のイメージからかけ離れていることが想像できると思います。

これを全校生徒、教師、学校職員など関係者全員に配ります。
鍋は全部で6個(推定。数えるの忘れました。)とにかくすごい量です。
これを大きなへらでひたすらかき混ぜます。
挑戦してみましたが、結構重い・・・。

f0109123_17515398.jpgさて、出来上がりは、
・・・?????
マレーシアらしからぬ、地味な色合い。
くるみゆべし色のドロドロした物体でした。
日本人的にはあまり、手をつけたくないような・・・。
でも、味はまあまあ。
酒のつまみにもってこいです。
!!!
イスラム教、お酒禁止です。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-29 17:44 | 文化

手遊び

子どもたちは手遊びが大好き♪
これは日本の子どもも、マレーシアの子どももいっしょ。
うちの主任(正確にはもう、「うちの主任」ではないけど、便宜上。)
の子どもから教えてもらった手遊び。

「一本ばしこちょこちょ」の要領で。指は手首から肩へ向かって動きます。

Semut gi ke sekolah (ありさんが学校へ行きました) 腕を指でつんつんつつく
Ural gi ke sekolah   (へびさんが学校へ行きました) 腕を指でなでる
Gajah gi ke sekolah (ぞうさんが学校へ行きました)  腕をグーでたたく

※ぞうさんのときは動きをオーバーに。

先日、コレを日本の女の子に、日本語バージョンでやったところ、
060.gif大ウケ060.gif
そんなに喜んでもらえるなんて、うれしいです。

ちなみに定番の「一本ばしこちょこちょ(マレーシア語版)」も、9割方子どもたちにウケます。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-27 15:54 | 文化

お知らせ

1月15日の記事「2回目のサッカー観戦」を加えました。
右のカレンダーでちょちょちょっと操作してみてくださいね。
・・・「陰謀」の後にあります。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-26 18:13