★青年海外協力隊員★  トモコのマレーシア日記


by tonpanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

筑波大学視察第2弾

f0109123_171927.jpg昨年に引き続き、筑波大学の先生たちがトレンガヌに視察にいらっしゃいました。
前回は私の活動先である「学校」の視察でしたが、今回は同期隊員で、私と同じ*現職教員隊員であるK隊員の活動先(PDK)を視察されました。
*教師を辞めなくても協力隊員ができる制度で来ている隊員

見学の後は、そのPDKの子どもたちのケース会議や、日本の教育の現状、それぞれの障害に応じた支援の方法などの講義を含めた話し合いがありました。

マレーシアの学校に3分の2くらい染まってしまった私。
そろそろ、日本に向けて染め直さなければいけない時期。
この日、先生たちと話し合いができたことは、とってもよかったです。
だがしかし、視察の後、自分の視点がすでに日本に向かっていることに気づき、ちょっとさみしくなりました。

帰国まで2ヶ月を切りました。
いまさらながら、マレーシアの子どもたち、トレンガヌの子どもたちのために、できるかぎりのことを伝えていきたいと思います。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-21 16:46 | 活動

CBR研修会

マレーシア派遣の福祉系協力隊員のほとんどはPDKという場所で活動しています。
PDKとはCBR(Community Based Rehabilitation)のマレー語版で、日本語では「地域社会に根ざしたリハビリテーション」と訳します。
マレーシアではご存知の通り、障害をもつ子どもたちのうち、「教育可能な子ども」は学校の特殊学級で学習し、そこに行けない子どもたちは、CBRに通います。
・・・まあ、実を言うとマレーシアのCBRは本来の概念や目的から外れているそうですが。

そのCBRについて学ぶ研修会のため、3日間、KLへ上がりました。
研修では、マレーシアで活躍するソーシャルワーカーの方が講義をしてくれました。
私は学校で活動する隊員なので、CBRについてはよくわからなかったのですが、それを学ぶいい機会になりました。

障害をもつ人たちを地域がどのように支援したらいいのか。
そのためにできることは何か。
するべきことは何か。
地域で生きるとはどういうことか。
などなど…。

それから研修中には、当事者(障害をもっている本人)の方から、自立や自立のための活動について学ぶ機会もありました。

実はちょっと、将来やってみたいことが増えました。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-20 18:16 | 活動

バティックの日

通達がありました。
公的機関では、
 「毎週木曜日はバティックを着用」 
・・・だそうです。
 ★「バティック」とは、ろうけつ染めのことで、ここでいうバティックとは、ろうけつ染めがされている布で作った服のこと。マレーシアの伝統工芸です。どうやらそれを広めようという狙いがあるらしい。

f0109123_1859136.jpg
ということで、本日から実施。
実は以前にも月2回、土曜日は着用だったのですが、土曜日は公的機関はほとんど休みなので、(←あまり意味がない)そんなことは知りませんでした。
今日は学校の先生たちもバティックを着用。
男性はほとんど、しかし女性はあまり着ていませんでした。

まだまだ浸透するには時間がかかりそう。
そもそも、バティックって、結構高価だったりします。
写真は校長。もちろんバティック着用。
貫禄あるなあ。。。

今日から、3日間研修のため、首都に上がります。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-17 18:59 | 文化

陰謀

新しい学校の先生たちもとてもやる気(授業をしている)があり、すばらしいと思う今日この頃ですが、最近とんでもないことが発覚しました。

そもそも、今年からこの学校になったのには訳がありました。
私は中等学校の特殊学級でも活動したいという希望があり、教育局にお願いをしていました。
実は候補があり、その学校にも私が新年度から行くという情報は流れていたようです。
教育局でもその話はしていました。
公開授業のときにその主任に会い、
「じゃ、よろしくお願いします。」「待ってるね」
なんていう話もしていました。

ところが…、
学校休みも終わりに差しかかるころ、
「その学校は協力隊を必要としていない。全部の中等学校がそうらしい。」
と、いう話になりました。
そうか、必要ないのなら無理に行くこともないだろう、あの「待っている」の言葉は社交辞令だったのね。。。くすん054.gif
ということで、今の小学校になったのでした。

ところが…、
最近、同じ教育系隊員、Eちゃんがその中等学校に行く機会があったようで、そこでの主任の話では、

「1月からトモコが来るのを待っていたのに、なんでトモコは来なかったの?え?いらないって?いやいや、教育局に今すぐ手紙を書くよ。」
・・・
間違えたのはどこでしょう。
・・・
私の知らないところで、何かが動いています。
・・・陰謀??
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-15 19:03 | 活動

2回目のサッカー観戦

f0109123_1842894.jpg
サッカー観戦に行ってきました。
赴任当初、行ったきり、今日は2回目のサッカー観戦です。
前回同様、・・・もしやと思っていたのですが今回もそう・・・。
観客は日本人の私たちに大注目。

そもそも、女性はほとんどサッカー観戦には行かないのです。
私たち、男性1名に女性5名。
それはもう目立つ目立つ。
写真を撮ろうとカメラを向けた瞬間、野次が飛びます。
写真を撮るだけでこんなに注目されることは、今までの人生、そしてこれからの人生、まったくといってないでしょう。

ところで、肝心のサッカーですが、私たちが行ったときにはすでに始まっており、わがトレンガヌチームは1点を取られていました。
対戦相手のスランゴール州チームはスピードがあり、それに対するトレンガヌチームはなんだか…。
それでも1点を入れて欲しいと願う、私たちサヤーン(LOVE)トレンガヌ協力隊員。
そして後半も終わりに近づいた頃、ついに1点が!!!

トレンガヌサポーターは大歓声!!私たちも大歓声!!!
ところが、観客。
興奮して持っていたジュースの紙コップを投げる投げる。
前の方に座っていた私たち。
コップは頭に当たるわ、ジュースは頭に降ってくるわで、散々でした。
それを見た1人の少年がおもむろに、
「ハハハハ」
と、笑って通り過ぎていきました。
・・・ふん。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-15 17:50 | 生活

同居

昨日はイスラム暦の1月1日。新年でした。
あらためて、明けましておめでとうございます。

そんな記念すべき日に、後輩隊員Hちゃんと同居することになりました。
私も赴任当初は先輩隊員と同居してたっけ…。
同居生活は結構楽しいもので、1人でいるとなかなか作らない料理とか作ったり、活動についていろいろ話し合ったり。
そして、なによりも2人でいると安全。

今日は私が家にいるとHちゃんが帰ってきて、なにやら外でがちゃがちゃ。
どうやら鍵がなかなか開かないらしい。
私も一緒に悪戦苦闘。
内側からも外側からも開けられなくなったという軽い軟禁状態におちいりかけましたが、なんとか開いてほっとひと安心でした。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-11 16:51 | 生活

うわさのトモコ

新しい学校へ赴任して1週間がたちました。
なにしろ、自転車で5分の距離のため、家の近所には学校の子どもたちがうようよしています。
ある団地では、私のことが小学生の間で噂になっている様子。

さてL小学校の特別支援学級(特殊学級)ですが、
児童は7名。
ダウン症、知的障害、自閉症の子どもたちがいます。
学習は、今のところ一斉指導。
1人の先生が、7人を指導しています。
こういう場合、障害が重い子や理解が難しい子は置いてきぼりになる傾向があるのですが、N主任や、もう1人の担任I先生はとても良くやっています。
課題は一緒なのですが、それらの子たちの手を取って、ときどき個別に指導しています。
細かいことを言うといろいろあるのですが、そこは置いておいて…。
特にI先生は日本の指導法について勉強したことがあるようで、
「日本では、この場合どうするの?」と質問し、私の答えを聞いて、「ああ、やっぱり」と納得するようでした。
なんだか、思っていたよりも、意欲のある先生たち。
でもやっぱり、授業は時間通りには始まりませんが、そこをどーんとかまえて見れるようになった私も成長しました。
・・・いいのかな。これで。
f0109123_20303858.jpg
L小学校。街中の学校のため、校庭がありません。
体育の授業は、駐車場の脇のスペース。
この日は、バレーボールが先生たちの車にばしばし当たってました。
★ちなみに後ろの高い建物は学校ではありません。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-09 20:32 | 学校

都会と田舎

学校は新学期が始まりましたが学級に新しい先生が来ました。
実はこの先生、首都のクアラルンプールでテレビ関係の仕事をしていたということで、まあ、日本で言うと★ジテレビで働いていたことのある人が、秋田県の教師になったという感じですかね。
その先生、とてもいい人で、障害がある子どもたちの教育にも意欲をもっている様子。
主任のN先生にも、特殊教育について語ります。
「どこどこでは、こういう取り組みをしていた。こんなこともやっていた。うんぬん・・・」
早口のマレー語で話すので、詳しいことは、私にはさっぱり分かりませんでしたが、まあそんなことを話していたと思います。
一通り、話を聞いた後で、N先生。
「ここはトレンガヌだからねえ・・・」
ああ、この言い回し、完全に協力隊員が言われる言葉とかぶってる。
「日本ではこうだよ。こうしているよ。」
と、協力隊員が言うと、かならずと言っていいほど返って来る言葉がこれだ。
たぶん、コレはどこの国でもいっしょなんじゃないかと思うけど。
「日本はそう(発展している)かもしれないけど、ここは違うから(発展してないから)」
これがマレーシアの教師の間でもくり広げられているなんて。
そんなやりとりを、その協力隊員が見守っていた初出勤の出来事でした。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-05 19:18 | 学校

新学期

あけましておめでとうございます。
2008年、ねずみ年ですね。
個人的には、平成20年という響きに驚きです。

さて、私の活動も新展開を迎えました。
今度の配属先は、家から自転車で5分ほどのところにあるL小学校の特殊学級。
実は、この学級、ある情報によると、あまり評判がよくないとのこと。
・・・まあ、それだからマレーシアに私たちが投入されて、
レベルアップしようというのが、もくろみなわけですが。
まず、見た目から、何がまずいかというと、教室全体が片付いていない
具体的に言うと、筆記用具があちこちに散乱している、教科書が一つの場所にしまわれていない、教師が授業したであろうまま教材が放置されている。カレンダーが2007年1月のまま。
あそこになぜかペンキが?あれ?ここにも??
・・・など、とにかくどこに何があるのか、さっぱり分からない状態。
先生たちの子どもへの接し方はとてもステキなのですが、どうも授業ができる状態では・・・。というか、この状態で去年すごした先生たちがえらい。
(まあ、案の定、年度初めは先生たちの時間割作りがメインであって、授業はしませんでしたが。)
ということで、今日はなぜか私が一斉清掃。
主任のN先生の許可を得た後は、捨てる、捨てる、どんどん捨てます。
私が一つの物置と化していた棚に本来の役割を思い出させてあげる!!
・・・とまあ、今日はこんな感じでした。
その他にもいろいろ気になるところもあり、短期間といえども、やりがいのある学級だなと思いました。
とりあえず、来週は、帰りの挨拶でも提案してみようかな。
[PR]
# by tonpanko | 2008-01-03 18:08 | 学校

2007年

2007年ももうすこしでおしまい。
今年は、まるまるマレーシアで過ごしたことになります。
思い起こせば、犠牲祭から始まり、犠牲祭で終わったような感じもしますが、日本では経験できないことをたくさん経験することができました。
年が明けると、私のマレーシア生活も残り2ヶ月半。
まだまだ活動は続きますが、できることをできるだけできるようにします。
↑なんてアバウトな考え方・・・
健康に
安全に

ダイエット・・・だけでなく、活動もがんばっていきたいと思います。
[PR]
# by tonpanko | 2007-12-31 16:57 | 生活